2018-19年越し|ベトナム&タイ旅行記③【2日目ホーチミン⇒ブンタウ】

2018-19年越しブンタウ・ホーチミン・パタヤ・バンコク

こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。

2018年12月24日から2019年1月13日まで、恒例の年越し海外旅行に行ってきました。

今回はその21日間の旅行記第③弾、2日目:ホーチミン⇒ブンタウの様子をお届けします。

個別記事ではとりあげなかったお店の情報も、さりげなく入れていくのでお見逃しなく!

スポンサーリンク


ホーチミン

2時間の時差のおかげか、朝6時には目が覚めたわたし。

子供は死んだカエルのような姿で爆睡中🐸

数回声かけしても反応がなかったので、わたしだけ朝のホーチミン散歩に出かけることにしました!

子供ってなんであんなに散歩嫌いなんでしょうね、だいたい途中で文句言い出します。男子だから?

特に東南アジア圏にいくと、すぐ「Grab呼んで」という傾向にありますね。

Grabはルーラじゃないからね・・・

最近は子供と旅に出かけても、別行動取ることも多い我が家です。

子供にスマホ持たせとくと安心ですね~。また、勝手にグーグル翻訳とか使いこなしてるから驚き。

一人だと心の赴くままにぶらぶらできます!ウキウキです!

まずは、朝ごはん。あっさりスープか麺の気分ですね。

昨夜のSUP CUA(カニのとろみスープ)も悪くなかったけど、泊っているホステルの近くには、もっとおいしいSUP CUA(カニのとろみスープ)のお店があるとグーグル大先生がおっしゃるので、そちらに突撃します。

◆SUP CUA HANH

ホステルから徒歩3分、こちらのザ大衆店。

早朝にもかかわらず、入れ替わりで人が来るので、なかなかの人気店と見えますよ。

ここで朝ごはん食べて、バイクでタターッと仕事にいくのかな?

壁のメニューは、ザッツシンポー。飲み物除くと2種類しかない?

毎日おいしいもん食べてんだろうなーという体格のおばちゃんに、指で「1」と伝えると、席につくなりすぐに運ばれてきたSUP CUA(4万ドン)。

これはお値段から考えるに、「SUP LON」のほうなんだろうね。

ちょっと大きめのドンブり。

一口食べると、これはすごい・・・!

カニ身がぎっしりで、昨夜のものとは別物。

スープにもちゃんとカニのエキスが。

思った以上に量があって優しい味わいな分、途中で飽きてきたら卓上のラー油を入れると、また味が変わって最後までおいしくいただけます!

難点は、カラが結構入ってること。現地の人に倣ってペッと床に吐き出すか、ペーパーに吐き出しましょう。

昨夜の店と比べると、味は断然こちらに軍配!おすすめです。

SUP CUAを置いているお店はホーチミンでもブンタウでも、いろんなところで見かけるので、ベトナムの人はカニ好きなんでしょうね。

スープしか飲んでいないのに、かなりお腹いっぱい。

腹ごなしに街中をうろついてみます。

南国の人って、やたらと早起きだよね・・・基本なんにもしてない人多いけど(笑)

ヤンシン市場が近いので、行ってみることに。

◆ヤンシン市場

えーと、ナニナニ?

ヤンシン市場はベトナム戦争時に使われたミリタリーグッズが置いてある貴重な市場。ジッポや迷彩服、ヘルメット、バッグなど。ただし、本物と偽物があるので注意も必要です。大抵のお店はどれが本物か教えてくれます。また、ミリタリーグッズ以外にも日用雑貨や調度品、工具類なども充実しています。

出典:ベトナムナビ

・・・全く興味わかん。行ってみても、やっぱり食指が全く動かん。

とにかくミリタリーマニアにはたまらないって場所ね、はい。

やっぱり市場にはフルーツや野菜がないとテンションあがらない。

ちょっと前まで、このヤンシン市場の近くに青空市場があった記憶があるんだけど、くまなく歩いたものの見当たらず。

最近このあたりは工事が多いから移転したのかなぁ。

2019年、変わりゆくホーチミン中心部・・・

朝7時半から開いているちょっと一息つけそうなカフェも見当たらず、とりあえず7時半からオープンしている地元密着型スーパーの「コープマート」へGrab bikeでGO!

ベトナムのGrab bikeはほんとに便利で激安、一人旅だったら断然コレ利用すべき。

ホーチミンはやたらとプロモーションが多くて、通常3万ドンかかる距離が1万ドンに割引されたりとか日常茶飯事でした。

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

◆コープマート

とりあえず、ホーチミン滞在中になんらかのものが必要になったらココへ。

まぁまぁ安くて交渉不要です。

ビールとかお菓子とかね、滞在中に大量消費しそうなものが欲しいときは特に重宝。

フルーツとかは市場の言い値より安いことがほとんど。

市場でぼったくりに遭いたくない人は、ホーチミンに到着したら、早めにここで大体の相場観を養っておくのが吉です。

恒例のビールとマンゴー購入。

異国情緒漂う種類をそろえてみました。

外国のビール飲み比べって楽しいよね!

ビールは一本12,000ドン(60円~)ぐらい、マンゴーは1kg2万ドン(100円)。

いろんな種類のマンゴー/XOAIの名前があって、何がどう違うのかさっぱりわからん。

ベトナム人に訊いてみたら「生産者が違う」っていってたけど、それだけじゃない気がする、形状からして違うしさ・・・

日本のパン屋みたいにPOPで説明書きしてくれたら嬉しい(笑)

長さ15cm強のマンゴー2つでだいたい1㎏。安いねやっぱり。南国サイコー!

コープマート前からのびている「ブイチスアン通り」はおいしいお店が目白押しなんで、ここらでバインミーでも買って帰りましょう。

他にもガイドブックによく取り上げられているソイチェーブイチスアンがあります。

ベトナム版あんみつ、チェーが好きな人はコープマートとセットで行くといいですね。

◆Banh Mi Cha Ca A.Cuon

目的地は別のバインミー店だったものの、歩いていると人が並んでたので便乗して1つ購入。

本来はハムとかかまぼこを売っているお店なのかな?

適当に「ワン」といって作ってもらったけど、15,000ドンぐらいだった記憶。

このあたりにあるホーチミン一人気店「ヒュンホア」のバインミーは、今や4万ドン。

やっぱり庶民のバインミーって2万ドン以下じゃないとね。

現地の人は、このお店のおもちにかまぼこ(か豚ハム)はさんだみたいなものをよく買ってましたね。

おいしいのかな、次回試してみよう。

お目当ての店まで、ブイチスアン通りをテクテク5分くらい歩いて到着。

◆Banh Mi Bui Thi Xuan

・・・!!!なんと本日休業。

一応12月25日のクリスマスは公休ではないものの、お店によってはお休みにすることもあるのだとか。

残念です、後日リベンジしよう。おいしいらしいんだー。

日差しがきつくなってきたので、Grab bikeでぴゅーんと宿に戻ったら時刻は9時。

まだ死んだカエルの姿🐸で寝ている子供をたたき起こして、宿の朝ごはん&買ってきたバインミーをいただきまーす!

宿泊料金は2,000円と激安なものの簡単な朝食付き。

宿の朝食は、フランスパンとジャム&バターのシンプルなもの。

「コーヒー欲しいけど、ノーシュガーノーミルクがいい」と伝えたら、わざわざ外のドリンク屋台で買ってきてくれた!ありがとう!

でもデフォで甘かったyo(笑)

これがさっき買ってきたバインミー。全体的にクセがなくて軽い。

もうちょっと肉感と味のパンチが欲しいかな。

でも、この旅初バインミー、やっぱりおいしい!

ベトナム来たーって実感するね。

食べ終わった後は、12時チェックアウトまで荷物は部屋においたまま、橋を渡った先の第4区お気に入りコースの散歩に出かけます。

ここは飲食店も多いし、ローカルの若者で賑わう意外とおしゃれなカフェもあるんですよ。

観光客だらけのホーチミンエリアに飽きたって人には、ちょっと足をのばしてもらいたいエリア。

同じクオリティのドリンクを半額ぐらいの値段で出されたら、ドンコイとかレロイのカフェに行く気にならなくなるよね。

カルメット/Calmette橋を渡るよ!

橋を渡っただけで、ローカル感がぐっと増すから不思議。

この橋はね・・・、犬かナンカのう○こが多発してた(笑)

渡るときは細心の注意を!

とりあえずローカルの「ソムチウ市場」を目指してぶらぶら。

朝から日差しがきつめなので、「喉がかわいた!」と子供が道すがら買ってみた搾りたてみかんジュース(1万ドン)

この緑の皮のみかんを目の前で絞ってくれまーす。

タイの搾りたてみかんジュースっておいしいよね、あんな感じかな?

おお!フレッシュ!ヘルシー!

・・・と思いきや、思いっきり砂糖いれてたわ(笑)

お味は、思ったよりみかんの味が薄い&酸味なしでさっぱり。

イメージとちょと違ったー(;´Д`)

そうこうしているうちに市場到着!

◆ソムチウ市場

市場の建物もあるけど、その周りにある路上市場が楽しいです。

ノンラーかぶった女性多数。ベトナム情緒。

果物が充実

まぁ、マンゴーの値段はソコソコ。この時はコープの方が安かった。

普通の果物屋さんもあるけど、産地から直接売りに来てるっぽい人もいて、そういう人はだいたい1種類に絞ってます。

これがかなり安いので狙い目!たいていチャリとかトラック。

この市場脇から西横にそれる小道がありまして、そこにも生鮮店がギッシリ。

魚介・肉類がビッチャビチャの道路上で売られてるので、きれいな服&くつで絶対行っちゃだめな場所です。

泥ハネがすごいから!

で、その小道を抜けた先の通りにはカフェ、プリンのお店、バインミー屋台、と盛沢山。

歩いているだけで「え、コレ何?食べてみたい!」とアンテナ張りまくりになること必至の、超おすすめ、お気に入りのエリア!

ただ、細い通りにバイクが容赦なくブンブンなので気をつけて。

たまたま通りかかったバインミー屋さんで本日2本目のバインミー購入。

場所はだいたいこの辺。店名は違うと思われます。角っこにあった屋台。

人が並んでいると、ついつい買ってしまう・・・

シンプルなバインミーティット(15,000ドン)にしたけど、お姉さんに「たまご入れる?」とわざわざ聞かれたので、ここはたまご入りが売りっぽいね。

この手前のフライパンで、たまごをパパっと炒めるんだろうな。

このバインミーはブンタウに行く途中の船で食べる用に。

先にいっとくと、ここのバインミーの味付け、かなり好みだった!

ポイントは大豆しょうゆだね。

良い仕事してて、具材は特筆すべきことはなくシンプルなんだけど、時間たってシナっとしたパンでもおいしい!って思ったから、次は出来立てを食べたい。

小一時間歩き疲れたので、一息つきますよ。

◆Flan Ngoc Nga

バインフラン(プリン)の人気店らしい。でもこの日の午前中はまだプリンがなかったので残念。

カフェデンダー(アイスブラックコーヒー)とシントー(チャーダー含めて4万ドンくらい)。

店の前をバイクがブンブン通り過ぎるのをボケーっと眺めながら。

前の店に座ってお茶しているベトナム女子、ずーっと笑いながらしゃべってるよ、恋の話題かなぁ、いいなぁ・・・

ベトナムコーヒーは濃いから、氷がとけていくのを待つ時間がいいよね。

と言いつつ、結局苦すぎて、フレッシュミルクを入れてもらった(笑)

この前にあるお店は人気コーヒー店のようで、ひっきりなしにテイクアウトしていく人が訪れてました。気になる・・・

さて、チェックアウトする時間が近づいてきたんで宿に戻ります。

帰りに子供が見つけた豆花屋台(?)でお買い上げ。5,000ドンぐらいだったかな?

ベトナム風はスパイスを煮出したショウガ風味のシロップと、最後にココナッツミルクみたいなのを入れるみたい。

個人的にココナッツミルクはいらないかな。豆花はあっさり食べたい派。

帰りにみかけたバイク配車サービス、GrabとGOVIETのドライバー共演!

ホーチミンでは、インドネシア発GOVIETはかなりの勢いで浸透してましたね。

さぁ、宿に戻って12時発のブンタウ行きの船に乗らねば!

続く・・・

【ホーチミンに行きたくなったら!】

トリップアドバイザーでホーチミンのホテルを捜してみる

KKdayでお得なチケットや現地ツアーを探してみる

ホーチミンからブンタウへ

ホーチミンのホステルをチェックアウトして、Grab carでぴゅーんと船乗り場へ。

Grab carで移動するときは、チェックアウトの時間帯は捕まりにくいので注意。なかなか捕まらなかくてちょっと焦った・・・

ホーチミンからブンタウへは、この船乗り場から出航しまーす!

◆Bach Dang Ferry Terminal

ホーチミンからブンタウに向かう主な方法は2つ、バスか高速船。

せっかくなので、行きは旅気分が盛り上がる高速船で、帰りはバスをチョイス。

2018年12月よりタンソンニャット国際空港から直接ブンタウ行きのバスも運行されているらしいですよ。

バスは本数多いけど、高速船は一日4~6本程度。

最近ブンタウの人気が急上昇中&クリスマスはベトナム人にとってはお休みではないけど、欧米人は長期休暇の真っ最中、ということで、念には念を入れて、昨日オンラインからサクッと予約しておきました。

12時出航予定で10分前から、乗客が続々と集まりだして・・・欧米人と韓国人家族が多かったかな。

日本人は我が家以外に1組ぐらいしか見かけませんでした。

船からは基本、おうど色の川ともっさりしたマングローブ群しか見えないので、すぐ飽きます(笑)

2時間の船旅、Wifiもつながらず、スマホの電波もほぼ入らないので、動画を落としておくことをおすすめします。

アマゾンプライムで無料動画を体験してみる

川を下って海にでてしばらくしたら、ブンタウの港に到着。

さて、ブンタウの港に到着したらスマホはちゃんと4G表示!

よしGrab呼んでおこう。ブンタウではGrab taxiとbikeしか使えないので、taxiで。

船着き場には普通のメータータクシーがわんさか待機しているんで、わざわざGrabでなくてもいいかな、と思ったりしたけど、現金払いが面倒なのでしつこくGrabを使います。

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

どうもブンタウのGrab taxiの仕組みがはっきりわからなかったのでメモっておきます。

  • 最初に見積もられる概算料金には幅があって、とりあえずメーターは倒して走る。
  • メーターが見積もり概算料金より安い場合、だいたいのドライバーが最初の概算料金のマックスで請求してくる。
  • ひるがえって、実際のメーターの方が見積もり概算料金より高くなった場合はしっかりそのメーター料金を請求される。

これはわたしがクレジットカード払いで、現金払いじゃなかったからかなぁ。

現金払いならその場でメーター確認して支払えるからね。

大した差額じゃないからあんまり気にしなかったけど、最後までよくわかんなかったわ~。

ま、それはさておき、船着き場からは15分/75,000ドンで、今夜から3泊するお宿「インペリアルホテルブンタウ」に到着。

ブンタウってちゃんとしたホテルがあんまり多くないから、ホテル選びに結構悩みました。

コロニアル様式で、外観からして見るからにゴージャス。いちいち凝った作りで無駄に歩き回りたくなる館内です。

コレコレ、間違いないリゾート感を味わいたくて、ココに決めたんだよぉ!!思った通りで良かった。

旅の最初ぐらいは、テンション上がる系のホテル入れとかないとねー!

最近You tuberを目指し始めた子供のホテル案内動画撮影(かなり長め)が終わったら、早速ビーチ沿いのプールでゴロゴロ開始!

海の色はアレだけど、この景色、やっぱりリゾート最高!

あまりキレイとはいえない海では、スタンダップパドルやボティボード、水上スキーで遊んでいる人がちらほら。

夕方になると地元の人が集まってきて、服のまま海に入ったり、のどかな時間が流れてます。

我が家はプールサイドでビールとシントーを楽しみながら、夕暮れまでまったり。

いやぁ、ビール3万ドン(150円)ってホテルプライスじゃないよね。

もはや自動販売機感覚です!

日が暮れても子供のテンション下がらず、まだまだビーチボールで遊び続ける親子。

結局ホテルの部屋に戻ったのは19時すぎ・・・初日から遊びすぎ。

で、ハタ!と気づいて、バルコニー付いてない部屋からバルコニー付きの部屋にチェンジしてもらうくだりを挟んで(絶対バスタブあるか確認して!って伝えたのに、初めにチェンジされた部屋はバスタブ無しで、再度部屋チェンジという羽目に※詳しくはインペリアルホテル前編参照)、やっと20時頃から夜ごはんに出かける段取りとなりました。

途中、見つけてしまった簡易遊園地で寄り道。

特に、高速横回転する絶叫系が、しつこいぐらい回転回数多くて笑った!

たっぷり小一時間、アトラクションを堪能してしまう親子。

周りになかなか目ぼしいレストランが見つからず、ぶらぶらしているうちに結局ロッテマートまで来てしまいました。

平日夜にもかかわらず、こういったショッピングセンターにみんなぞくぞくと集まってくるようで、ロ―カル&観光客で盛況です。

本日はクリスマス、ロッテマートの入り口にもクオリティ低めのサンタクロースがスタンバイ!

巨大スーパーはもちろん、1階には食べ放題のお鍋や焼き肉店、ファーストフード店、フードコートが入っているので、困ったらとりあえずここを目指すといいね。

スーパー自体はそこまで安い部類ではないです。コンビニよりちょっと安いぐらいのイメージ。

ちょっとこだわりを感じるオーガニック的なコスメや地産食品もおいているので、お土産物探しはできるかも。

こういうところはパッケージのセンスがいいので、ついついパケ買い。

さて、まだお腹空いてない!と言いはる子供(絶対ウソ)、目に入ったゲームセンターに吸い込まれるように入っていきます。

あぁ、ここでも小一時間とお金を使ってしまった・・・

でも、久々のゲーセン楽しかった!小学生の頃、親に隠れて通ってたことを思い出したね(笑)

結局22時頃まで遊んでしまい、仕方なく閉店間際のフードコートで、なぜか「スパゲッティ」を食べたいと言い出した子供の希望を全面的に受け入れて、のびのびスパゲッティを二人でつつく羽目に。

ブンタウの初ごはんが、スパゲッティって(-_-メ)

クリスマスの夜ごはんが、スパゲッティって(-_-メ)

でもまぁ、こういう日があってもいいよね、子供は喜んでたし。

子供にとっては、いっぱい遊ぶこと>おいしいものを食べること、なんだなぁとしみじみ実感。

いつもおいしいものを求めてアッチコッチ連れまわすわたしに付き合ってくれてありがとう!

この後はコンビニアイスを食べながら、ホテルに戻った後、ゆっくりバスタブにつかって深夜まで映画を見て就寝。

朝ごはんの評価が高いインペリアルホテル。明日の朝ごはん、楽しみだなぁ~

続く・・・

【ブンタウに行きたくなったら!】

トリップアドバイザーでブンタウのホテルを捜してみる

【旅の強い味方】

プライオリティパスと海外旅行傷害保険が自動付帯

年に2回以上海外行く人なら持っていて損はないカード

楽天プレミアムカードを申し込む

実際にわたしがこのカードに決めた納得の理由↓

海外旅行者におすすめの本当に使えるクレジットカードは2枚|その①楽天プレミアムカード
こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。 海外旅行をする際に使えるクレジットカードとして、わたしが実際に持っているカードは2枚。 ...

コメント