【2018年】ハワイの空港ーワイキキ間の移動手段比較。ザ・バスを利用する場合の荷物はこの大きさならOKだった!

ハワイ
スポンサーリンク

スカイスキャナー

こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。

今回は、ハワイ、ホノルルの空の玄関口、ダニエル・K・イノウエ空港からワイキキまでの移動手段比較を、バス情報多めのザ・バス押しで紹介します。

今回は、

どちらかというと時間はあるから、ハワイ内での移動費を少しでも安く抑えたい

という方向けの移動情報です。

実際にどんな荷物でハワイの空港ーワイキキ間のザ・バスを利用したのか、さらにダニエル・K・イノウエ空港でのワイキキ行き乗り場・ワイキキからの下り場についても説明しますね。

我が家のようにハワイ内を転々と滞在する予定の方も、基本のバスの利用方法と注意点を一通りのせましたので、参考にしてみてください。



ダニエル・K・イノウエ空港からワイキキまでの移動手段比較(ザ・バス以外)

空港からワイキキまでの主な移動手段は、詳しく説明している他サイトがあるので、簡単に。

あらためて調べてみると、KKdayの安い料金プランも出ていました

①タクシー:約40$+チップ15%(一台)、基本現金、所要時間20分

②UBER:約30$+チップ(一台)、クレジットカードOK、所要時間20分

③チャーリーズタクシー:29$+チップ15%(一台)、クレジットカードOK、所要時間20分、事前予約可能

チャーリーズタクシ―公式サイト

④各種シャトル:16$~+チップ(出し入れしてもらった荷物1個につき1$目安)(一人)、所要時間40分、事前予約可能

ロバーツハワイ

スピードシャトル

⑤KKdayの空港送迎:10$~+チップ(一人2$目安)(一人)、クレジットカードOK、所要時間30分、事前予約のみ

KKday

他にはレンタカーもあります。

ハワイ島内の移動はザ・バスがダントツに安い!

さて、メジャーな空港ーワイキキ間の移動手段について比較したところで、ザ・バスの料金いきますよ。

一回 大人:2.75$、子供(6-17歳):1.25$

ワンデイパス(一日乗り放題券) 大人:5.5$、子供(6-17歳):2.5$

はい、ダントツに安いです。

大人数ならタクシーやUBERの選択肢も割安ですが、一人旅や少人数での移動では重宝しますね。

一日2回以上乗るなら、ワンデイパス買うべしです。

ワンデイパスの正確な使用期限は、日付が変わった27時まで。

そんなに夜遅くに乗ることもないと思いますけどね。

どこまで行っても定額料金のザ・バス。

物価が高いハワイで使いこなせれば、懐事情がかなり助かること間違いありません!

ザ・バス乗車時の注意点

主な注意点は以下の通り。

  • バスの運賃は現金払いでおつりはでない
  • 飲食禁止・禁煙
  • 運転中の運転手への話かけは禁止
  • スーツケース等の大きな荷物は持ち込めない

このうち「スーツ―ケース等の大きな荷物は持ち込めない」が、旅行者が特に空港からザ・バスを利用する際にネックになる部分です。

⇒もう少し掘り下げると、膝の上に乗る程度の荷物か座席の下に入る程度の大きさの荷物であればOK

とにかく他の座席や通路を占領しないでね、ってことです。

例えば、機内持ち込み可能なサイズのキャリーバックはOKです。

ホッとした?

正確にいうと「22”×14”×9”(55cm×35cm×22cm)」

ただ、運転手さんはメジャーを持っていちいち測るわけではないので、いわゆるパッと見、機内持ち込みサイズであればOK。

その他に持ち込める荷物は下記のとおり。

出典:THE BUS公式サイト

サーフボードはダメだけど、ボディボードはOKです。

バスの前に取り付けられる専用装置があるので、自転車はOKです。

ザ・バス利用する場合におすすめのアプリ

ずばり二つです。

これさえあれば乗り降りするバス停、バスの到着時間すべてわかりますので、スマホに入れておきましょう。

①ザ・バスの公式アプリ DaBus2

DaBus2 - The Oahu Bus App

DaBus2 – The Oahu Bus App

City and County of Honoluluposted withアプリーチ

②グーグルマップ

Google Maps Go - ルート案内、交通情報、乗換案内

Google Maps Go – ルート案内、交通情報、乗換案内

Meruemposted withアプリーチ

公式アプリDaBus2より画面が見やすいです。もちろんすべてのバス停、到着予定時刻を確認できます。

ダニエル・K・イノウエ空港での乗車・降車場所

ダニエル・K・イノウエ空港へ国際線で到着する場合、1階に出ることとなります。

バスの乗車場所は2階ですので、近くのエレベーターか階段を探して上がってください。

新しい空港ではないので、業務用?と思うような古いエレベーターです。

エレベーターがある場所もわかりにくいので、見逃さないように注意。

バス停は2カ所、近い方をご利用ください。

ちなみに、我が家が利用したのは、バスの進行方向(左手からバスがやってくる)の手前側「Ewa」の方です。

2階に上がると、目の前に道路が現れます。

横断歩道を渡って、ちょうど車線のど真ん中にあるバス停まで進みます。

ワイキキから空港へ向かう場合に降りる場所も同じく、「Ewa」か「Diamond Head」です。

航空会社のカウンターに近い方で降りましょう。

空港からワイキキまでのバスの乗り方

ワイキキ方面に行くバスは19番と20番ですので、だいたい10~15分程度待てばどちらか来るでしょう。

空港からバスに乗る際の注意点としては、必ずバスの前にかかれている行先を確認してから乗ってください。

というのも、空港内の道路は一方通行の為、どちらの方向行きのバスも止まるからです。

「WAIIKIKI BEACH」と書いてあれば大丈夫。

もう一つの注意点は、タクシーなどに比べて時間がかかることです。

ワイキキまで最低1時間強、アラモアナ・ワイキキ周辺の渋滞に巻き込まれた場合はもっとかかりますので、ご注意ください。

さて、バスには前から乗り込みます。

現金のみ、おつりはでませんので、細かいお金がない方はあらかじめ空港内のお店で崩しておきましょう。

数名分まとめて払ってもOKです。

運転手に「ワンウェイ(一回)」か「ワンデイパス(乗り放題)」と告げて料金を投入口に入れます。

必ず運転手に、料金分のお金があるかどうか見せてから入れるようにしてください。

ワンデイパスの場合はこんなチケットをくれます。

次回から乗る際はこのチケットを運転手に見せるだけでOK。

前の方の席は優先座席で、たまに車いすも設置されますので、できるだけ後ろに行くことをおすすめします。

キャリーバッグのある方は、前の座席の下にササっと滑り込ませると良いでしょう。

降りるときは、窓に張り巡らされているワイヤーを引っ張るか、赤いボタンを押して、バスの前の電光掲示板表示に「STOP REQUESTED」の表示が出ればOKです。

実際にザ・バスを利用した際の荷物とまとめ

2018年のハワイ旅ではワイキキ・カイルア・ハレイワと3ケ所で宿をとりました。

あまり下調べせず取ってしまった結果、旅立つ1週間前に、ハワイ島内の移動選択肢があまりも少ないことが発覚。

すべての旅程でタクシーとかUBERとか使うほど優雅な旅はできない!と焦りまして、とにかくザ・バス利用の際にネックとなる荷物の大きさを工夫してみたのです。

我が家が持ち込んだキャリーケースの大きさはこんな感じ。

ちなみに子供の身長は145cmです。

はい、このキャリーケースと子供用のバッグパックに、2週間/2人分の衣類・アメニティ・水着・水遊びグッズを詰め込んでやりましたよ。

我ながらパッキング上手!

今までは、さすがに1週間超える場合にはスーツケースを使ってましたけど、いらないもの省くとキャリーケースで十分いけるな、ってことに気付いちゃいましたね。

さて、ザ・バスを使ってハワイのオアフ島をほぼ一周したわけですが、旅が進むにつれ持ち運ぶ荷物も多くなってきました。

我が家(わたしと子供の計2人)がザ・バスで移動した際、一番荷物が多かったバージョンはこんな感じです。

  • キャリーケース1個
  • 子供が背負っていたバッグパック1個
  • ハンドバック1個
  • スーパーの大きめの紙袋2個
  • 子供用ボディーボード1個

これで、問題なくザ・バスを利用できました!

実際には、明らかに規格サイズを超えたスーツケースを持ち込んでいる人もいましたが、このあたりはバスの混み具合と運転手の判断になりますね。

荷物の大きささえクリアできれば、ザ・バスを乗りこなしてどこへでもいけるので、ぜひ参考にしてみてください。

節約できた移動費で海を眺めながらカクテルの一杯も楽しめますので♪

ではでは、アロハ~!良い旅を!

【ハワイへ行きたくなったら!】

トリップアドバイザーでハワイのホテルを比べてみる 

KKdayでハワイのお得なオプショナルツアーやチケットを探してみる

コメント