ハワイのAirBnB/エアビー体験談まとめ【ハワイのホテル高すぎ!】

ハワイ
スポンサーリンク

スカイスキャナー

こんにちは、人生初のハワイ旅行を終えたちはりんです。

ハワイは世界有数のリゾート地、ということは物価もホテル代もリゾート価格で、まぁ高いんですよ!

わたし、ホテルステイは結構好きで、高級ホテルから格安ホテルまで泊まり歩いてるんですけど(主にアジア圏だけどね・・・)、ハワイのホテルを検索して思いました。

質と料金が合ってない!激しく合ってない!!!

そこで今回は、ハワイでの宿泊費を少しでも安くするべく、いま流行のAirBnB/エアビーを利用してみた体験談を4つお送りします。

上手く使えば割安で快適な滞在ができますので、是非利用してみてください。



ハワイでAirBnB/エアビーを利用することになった経緯

超個人的なハナシでアレなんですけど、わたし、ハワイに行ったことがなかったんですよ。

自称リゾラバなのに!

というのも、恥ずかしながら、新婚旅行にハワイ行きを大切に取っていたから・・・(;´Д`)

でも、そんな妄想抱いてたら死ぬまでいくことないな・・・と最近気づきまして(ここ10年ぐらい薄々気づいてたけど)、エアアジアのセールに便乗して航空券をGET。

いや、むしろエアアジアのセール価格が衝撃の安さだったのでついポチってしまったという。

だって、20kgの受託手荷物入れて往復3万切ってたんだよ!?

速攻でポチらなきゃ絶対後悔するね、と思って即断。

そのあと、ホテル選びに苦労するとはつゆ知らず・・・

ハワイ行きの航空券を激安でゲットして、いざホテルを取ろうとおなじみBooking.comで検索してみて驚愕!

「え?高くない?一泊2万も出せばそこそこいいホテルに泊まれると思ってたよ。」

このレベルのホテルでこの料金?ってぐらいぼったくり感。

航空券をとったのが2018年の3月。ぎりぎりまで待てばそのうちセールとかやるかな~と期待すれど、一向に安くなりませんでした。

そこで、こんなときこそ、アレを使うべきじゃないかと!

みんなのミカタ、AirBnB、略してエアビー!!!

日本でのサービスが始まったころに1回、京都での宿泊に使った覚えがあります。その時は普通の綺麗なワンルーム滞在でそこそこ安くて快適だった良い思い出。

ハワイではどうなるんでしょうか。

※下記リンク経由で、初回使える3,700円分のクーポンもらえます。

AirBnBに無料登録してハワイの部屋を探してみる

ハワイのホテル事情

ワイキキのオンザビーチとなると2万~が相場。ヒルトンとかシェラトンといった人気ホテルになると3万は軽く超えます。

そして謎のリゾートフィーなるものが一泊につき25$ぐらい加算されるという不条理さ。

リゾートフィー:ホテルが独自て追加する施設利用料のこと。ホテルによってワイキキ周辺の無料巡回バスやビーチで使える遊び道具などのサービスが使える

アジア圏だったらそのリゾートフィーだけで宿泊できるよ!しかもプール付きで!

さらに、そこそこ高級なホテルの口コミをみても、「古い」「ゴキブリが出た」となかなかの不安感・・・

3万払ってゴキブリでたら、さすがに許せないわ、わたし。

それに、ワイキキ周辺はまだホテルが多いけど、カイルア・ノースショアあたりになってくると、ホテルなんてほぼない。

まぁ、みんな日帰り観光が主だろうしね。

リゾートアイランドとして名を馳せてけっこうな年月たってる割に、なんというか、選択肢が少なすぎない?ハワイ、というのが実感。

アジア圏のリゾート地、例えばバリとか最近はやりのベトナム、ダナンとかフーコック島とかは、「リゾートで売り出すぞ!」ってなったら雨後のタケノコごとく、がんがんホテル建設が始まるんですよね。

だから価格競争も激しくて、時期よっては割安に泊まれたりします。

もちろん5万程度の超高級ヴィラもあるけど、その隣には3,000円程度の格安ホステル(でもプール付き)があったりする。

そういう選択肢がハワイのホテル業界ではないような印象を受けました。

AirBnB/エアビーとは?

AirBnB/エアビーは、部屋を借りたい人と貸したい人を結び付けるプラットホームサイト。

空いている個人の家や一室を他人に貸し出す、いわゆる民泊です。

AirBnB/エアビーのサイトで希望の日程や場所、料金などの条件を付けて、好みの部屋やおうちが見つかったら、サイトから予約⇒だいたいサービス料と一回の滞在(一泊ではない)にかかる清掃料がプラスされます。

ホテル予約サイトのBooking.comみたいに、利用者の口コミも見られますし、Booking.comなどのホテル予約サイトと違うところは、なんと、利用した方も評価されちゃいます

詳しくは⇒AirBnB公式サイト”

実際にAirBnB/エアビーを利用してみた感想4件

では、わたしが実際にAirBnB/エアビーを利用して泊った宿泊施設をご紹介していきます。

※画像は実際の物件と関係ありません。

①ワイキキの30階建てコンドミニアム一室

料金

約34,000円/2泊

場所

ワイキキ地域の一番北東あたりでした。

ワイキキのビーチ(ヒルトンのビーチあたり)まで徒歩10分強、アラモアナショッピングセンターまでもそのぐらいで徒歩圏内。

部屋と雰囲気

29階に位置する2LDKのうちの一室

そして、これはわたしの痛恨ミスだったんですけど、なんとホストのご家族が隣の一室に住んでいて、リビング等は共有だった・・・

「一部屋」ではなく「貸切り」かどうかちゃんと確認しないとだめですね。

我が家が滞在する一室のカギと、建物に入るカギ兼部屋に入るカギを渡されて、自由に出入りできます。

ホストの男性は40歳ぐらいの中国の方で、英語でのやりとりはできなかったんですが、AirBnBを介するメッセージには自動翻訳機能もついているので、なんとな~く意味は通じる感じ。

始めは投資目的で購入したんでしょうか、でなぜか住むことになって両親を呼び寄せた感じ?

建物自体は年数たっていると思いますが、そこそこ綺麗に保たれていました。

部屋は一言でいうと、シンプル。清潔感はあります。

部屋の窓からも海が見えました。余計なものはないお部屋にバスルームがついているカタチ。

バスタブ付きでお湯をためることもできたのが嬉しかった!

自然と共有することになるリビングはご両親がのんびりされてたり、家族団らんで食事されてたり、とちょっと気を使ったけど(^^;、

場の空気を全く読まない息子が堂々とソファに居座って、ご両親がいろいろお世話してくれたのは、今となってはいい思い出・・・

ベランダのデッキチェアーに寝そべって見る夕日とビールが最高でした。

キッチンは使ってもよさそうだったけど、なんとなく申し訳ないので使いませんでした。冷蔵庫のみちょっと間借りしたぐらい。

なので、インスタントコーヒーを飲むお湯を好きな時に沸かせなかったのは残念。

部屋に電気ケトルぐらいは欲しかったな。

施設

小さいながらもプールとジャグジー、ジム完備。プールにはこのコンドに住んでいるらしき日本人と小さな子供を何人かみかけました。

良かった点

ベランダからのシービューがすばらしい。ホストがいろいろ気をつかって、イベント情報など教えてくれた。

ちょっと残念な点

ホスト家族と共有で、なんだか落ち着かなかった。

やっぱり部屋は貸切りでないとだめですね。

総合評価

★★★☆☆

リピは無し。ただし、貸し切りならありです。部屋としてはおすすめ。

②カイルアの一軒家

料金

約47,000円/4泊

場所

カイルアの有名なスーパーマーケット、ホールフーヅやフードマートなどのショッピングセンターが集まっているあたりから徒歩10分弱、パンケーキで有名なモケズの近く。

いろんなスーパーや飲食店に徒歩でいきやすいので便利。

最寄りのカラマビーチまでは徒歩20分ほどかかるけども。

バス停も近いので、カイルアビーチ・ラニカイビーチまでバスを使えば10~20分程度。

部屋と雰囲気

隣に2階建ての大きな家があって、その建物の横にくっついてはいるんだけど、独立したユニットになっているちょっと変わった形。

一部屋+バスルーム、併せて20平米ぐらいかな?かなりこじんまりで、なんとなく手作り感あふれる部屋。

一階で、窓がそんなに大きくなく、日中でもなんとなくうす暗くて、ちょっと閉塞感があったかな。

あと、清潔感は、日本人感覚からすると「う~ん」ってなところ。ベッドの下とか、棚の上のほこりとかね・・・。

ホストと会ったのは初日のチェックイン時のみ。

カギは、すでにドアノブにつけられた暗証番号で開けられるボックスに入っているので、ほんとは会わなくてもいいぐらいなんだけど、部屋内の設備について説明しに来てくれたみたい。

一通り説明したあと、

「あ!これだけはいっとかないと!Netflixも見れるから!

と言い残して「アロハ~」とさわやかに去っていきました。

Netflixがそんなに重要なことだったのかは謎・・・

チェックアウトの作業は特になく、キーボックスにカギを戻して勝手に出ていく感じ。

テレビ、食器、電磁調理器、冷蔵庫、電子レンジ、トースターなどは完備してるので自炊可能。

近くのホールフーズ、フードランド、セイフウェイで購入した食材で自炊を楽しんでました!

毎日のようにビーチに行っていたので、お昼ごはん用にサンドイッチなんかを作って持参して、まさに住むように滞在するを実践

バスタブなかったのが残念だけど、アメニティ(シャンプー、コンディショナー、ボディソープ)系は揃ってました。

施設

コンドミニアムではないので、プールなどはなし。

良かった点

プライバシーが保たれた。

カイルア街歩きや近くのビーチに出かけるには便利、立地は気に入った。

有名パンケーキ屋、ブーツ&キモーズやシナモンズなども徒歩10分以内!

ちょっと残念な点

部屋にしみついた独特の牛乳?みたいなニオイがした。

消臭剤をまいても4日間全然きえなかった。

部屋がなんとなく暗い。

総合評価

★★★☆☆

ニオイが気になるわたしとしては、あんまりお部屋でゆっくりしたいと思えなかったので、次回リピはないかな。

 

※下記リンク経由で、初回使える3,700円分のクーポンもらえます。

AirBnBに無料登録してハワイの部屋を探してみる

③ワイアルアの一戸建ての一階部分すべて

料金

約52,000円/5泊

場所

ハレイワにもほど近いワイアルアの閑静な住宅街。

ハレイワタウンからバスで10分程度。

周りに大きな繁華街もなく、コーヒーや石鹸をうっている観光名所的なところがぽつぽつあるくらい。

部屋と雰囲気

一階部分には、寝室とリビング&キッチンの二部屋にバスルーム、と広々してます。

そしてそしてなんと、キャッチボールできそうな庭までありますよ!

ホストが二階にすんでいるので、ゲートで「ハロー!」と声をかけて招き入れてもらい、部屋の説明を一通りうけて、一階部分のカギの受け渡し。

キッチンはフル、4口コンロ。

やる気になればターキーの丸焼きまでできそうなでっかいオーブン、これまたでっかい冷蔵庫、電子レンジ、トースター、鍋やフライパンの調理器具もしっかりあるし、食器もたっくさん。

AirBnBのコンセプト、住むように滞在できます。

まぁ、ハレイワからのバス最終時間が18時頃で、周りにも飲食できるような店がないので、必然的に自炊にならざるを得ないわけですが。

キッチンの設備が充実してるので、自炊がとにかく楽しかった!

庭にあるロッキンチェアでゆらゆらしながら、毎朝のんびり朝ごはん食べてました。

お得かな~と大量に買って、結局余ってしまったベーグルをベーグルチップスにする主婦魂みせたり(笑)

子供が大好きなミートソースパスタも作ってみました。

ただね、牛ひき肉のパックが大量すぎて、3日間食べ続ける羽目になった!

大好物のバスタブもあったし、文句無し。

庭にある裏口から海まで徒歩2分ぐらいで、海好きには絶好の立地だと思ったんだけど、ワイアルアらへんの海は色がどんよりして、まるで入る気にならなかったのが残念。

「ビーチ沿い物件」といっても、いろいろあるもんだね・・・

泳げる海ならハレイワ・アリィ・ビーチパークへ行ってください。

ホストと顔を合わせる場所も、外へ出ていく際に通るゲートくらいでした。

プライバシーはしっかり保たれてます。

実際は、ホストのお子さん(8歳)とうちの息子(10歳)が仲良くなりすぎて、毎晩うちの部屋で二人でスマホゲームにふけってましたけど(笑)

ちょうどホストのお子さんの誕生日パーティに招待してもらって、楽しくすごした時間も。

ここはちょっとしたホームステイ感覚を味わせて、ホストとの接点も適度にあってよかったですね。

子供は「ここが一番楽しかった!また行きたい!!!」とかなりお気に入りになった様子。

いまだに「ワイアルア(←限定)いきたいわ~」と言っています。

施設

プールやジムは無し。遊べる広い庭あり、バスケットゴールあり

良かった点

広い、キッチン設備が充実、ホストがあったかかった。

ちょっと残念な点

緑が多い分、けっこう虫が多い。設備がちょっとぼろい。繁華街から遠い。

総合評価

★★★★☆

次回も泊ってもいいな~と初めて思えた。

近くにコンビニとかスーパーができたら最強!

④ワイキキの49階建てコンドミニアムの一部屋貸切り

料金

約43,000円/3泊

場所

ワイキキの運河沿い。

夜はクヒオ通りからちょっと暗めの道を歩いてく感じ。

ワイキキビーチまでは徒歩10分、メジャーなショッピング通りまで5分。

飲食店にはこまらない立地。

最寄りのバス停まで徒歩3分で利便性は上々。

部屋と雰囲気

コンドの一部屋貸切り。

ホテルとして利用する部分もあるコンドミニアムです。

この辺じゃそこそこ有名なアイランドコロニーという建物

29階の高層階で小さなキッチンと一室にバスルーム。

バスルームは広くはないもののコンパクトにまとまっている感じ。

バルコニーまで合わせると30㎡ぐらいかな。

ホストは今回初の女性で、やっぱり気配りが違いました!

アメニティもそろっているし、おそらく今までに利用された人が残していったのであろう日焼け止めとかも整頓されていて、「自由に利用してください」という心遣い。

ホストとは対面することなく、カギの受け渡しはコンドミニアム外に取り付けられたキーボックスで。

コンドミニアムの建物自体に入るには別途、キーが必要なので、それはフロントに申し出て人数分もらいました。

チェックアウトは前日に何時ごろになる?とのメッセージが来たので時間だけ伝えて、キーボックスにカギを戻して勝手に出ていく感じ。

このあたりのやりとりもこまめに、そしてわかりやすくメッセージをくれました。

このホストはAirBnBに慣れているようで、とにかく安心でした!

部屋には、大き目のダブルベッドとソファ(ベッドにもなる)、テーブル、そして何より海まで見えるかなり広めのバルコニー!山側も見えて、夜景がまた素敵。

冷蔵庫はもちろん、きれいな食器から調理器具、調味料、湯沸かし器、トースター完備。

今回初の湯沸かし器がありがたかったです。

部屋の内装もリゾート感があって趣味がよく、かなり綺麗。

建物は少し古いようですが、内装はリノベ―ション済みだそうで、キッチン、水回りも問題なく。

6階にあるコンビニが、水99¢とかで何気に超便利でした

このアイランドコロニー内のコンドミニアムは、わたしが今回利用した部屋以外にもAirBnBでいろいろ出てました。

こちらより料金が安い部屋もありましたが、おそらく低層階になるかと。

高層階で眺めが良いほど、高くなるものと思われます。

施設

かなり大き目の立派なプール&ジャグジー、ジム(一滞在あたり5$必要)、コインランドリー、バーベキュー設備、コンドミニアム内にカフェ、コンビニ有り

良かった点

部屋がきれいで充実の設備・施設。

バルコニーからの眺め。プ―ルの雰囲気。

ちょっと残念な点

特になし。強いて言えばビーチまでちょっと歩くぐらい。

総合評価

★★★★★
次回リピ、したい!

ここは文句なしに良かった!

下手なオンザビーチのホテルに泊まるより絶対おすすめ。

あとはもう少し安くなったら嬉しいぐらいかな~。

まとめ

結局ハワイ14泊16日の旅のすべてをAirBnB/エアビーで済ませることに。

トータル宿泊代は14泊で17万6,000円、一泊あたり12,000円強程度。

ハワイでは格安ではないでしょうか。

変なリゾートフィーもないし、選択肢の一つとしてAirBnB/エアビーは十分ありです。

朝食やルームサービスなんかのサービスはないですけど、ハワイにはおいしい朝食を出すお店たくさんありますしね。

ワイキキ界隈では、だいたい決まったコンドミニアムのお部屋がたくさんでているので、1万~1万5,000円も出せばプール付きのそこそこのお部屋に泊れます。

2万近くなればイリカイのシービュー物件も出てた記憶。

人数も結構フレキシブルなので、広い部屋(2ベッドルームとか)に大人数ならいっそう割安!

一人5,000円/泊もありえます。

家族連れにもいいですね。

注意点としては、「一部屋貸し切り」か「一室間借り」かはきちんと確認すること(←失敗体験ありw)。

まぁ、わたしが言わなくても、みんなそれぐらい心得てるよね・・・

もちろん、不明な点は借りる前にホストにメッセージを送って確認することもできます。

ここで返信が遅いホストはちょっと対応が不安なんで、わたしならチョイスしませんけどね。

ハワイのAirBnB/エアビー体験、どのホストも対応がしっかりして、チェックイン・チェックアウト含めトラブルなくスムーズにステイできました。

次にハワイにいく際に、よっぽど泊まってみたいホテルがなければ、わたしだったら断然AirBnB/エアビーを利用しますね。

お気に入りの物件もみつけちゃったことだし。

ハワイで暮らすように滞在したい方や、ハワイのホテル代の高さに辟易している方は、是非一度お試しください。

※下記リンク経由で、初回使える3,700円分のクーポンもらえます。

AirBnBに無料登録してハワイの部屋を探してみる

コメント