【悲報】辛口ゴメン(;´Д`)ハワイの有名店のパンケーキがことごとく口にあわなかった件

ハワイ
スポンサーリンク

スカイスキャナー

こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。

日本人って「ハワイで〇〇がブーム!」みたいなのに、ちょっとのせられすぎじゃないですかね?

といきなり物申す感じで始まりました。

初ハワイのわたし、日本で大ブームを巻き起こしたパンケーキは本場だったらどんだけおいしいんだろう、と期待で胸がパンパンでした。

結論からいうと、

「なんでこんなにもてはやされてるのか、さっぱりわかんね(-_-)」

というわけで、期待を打ち砕かれたハワイの超有名パンケーキ店の辛口レポ2軒と、(なんか申し訳ないので)気になっているハワイのローカル御用達パンケーキ店情報もちょこっと入れときました。



わたしのパンケーキレベル

一時期、パンケーキ作りにかなりはまっていたことがありまして、決してパンケーキ嫌いではないと思うんです。

何を目指してたのかわかんないですけど、毎週末に焼いては子供や姪っ子に食べさせて、感想を強要してましたから。

ベーシックなホットケーキからスフレ系パンケーキまで、それはそれはいろいろ試しました。

毎週食べさせられた方にとっては、たまったもんじゃなかったと思いますけどね・・・。

だから、まぁまぁパンケーキについては口が肥えている方だと、自負しときます!

ブーツ&キモーズ

ハワイで一番おいしいパンケーキ店とも言われる「ブーツ&キモーズ」、略して「ブーキモ」。

決してブタでキモち悪いって意味ではありませんよ。

ハワイで人気のパンケーキ店が続々と日本上陸する中、こちらは日本未上陸。

ということもあってか、いつ行っても行列だったので、比較的すぐに受け取れる「TO GO」でお持ち帰りしました。

持ち帰りも店内利用も、まずは同じ列に並んで、名前、持ち帰りか店内利用か、店内利用の場合は人数、持ち帰りの場合はオーダーの品を伝えます。

持ち帰りはその後、奥で先払い。持ち帰りの場合はチップは不要なので、12$ぐらいでした。

現金払いのみですので注意。

尚、店内にATMがあるらしく、万が一現金が足りなければ、ここでキャッシングできるそうです。

さて、注文したのはもちろん、この店一押しのマカダミアナッツパンケーキ。

10分も待たないうちに大きなボックスを手渡されました。

・・・で、でかいし重いな。

モダン焼きでも入ってんのか、ぐらいの重量感です。

近くにベンチがぽつぽつあるのでそこで実食です。

パカッ。

っ地味~!!

いや、おいしいものは見た目はあんまりなのが多いんだよ、と言い聞かせながらナイフをいれてパクリ。

なんか・・・生臭い・・・。

これが一口目の素直な感想。

パンケーキは少し薄めで直径20cm弱ぐらいのものが3枚、塩っけがきいていて、もっちりしてます。

その上に甘さ控えめのマカダミアナッツをたっぷり使ったクリームソースとマカダミアナッツのクラッシュ。

マカダミアナッツのソースにナッツ独特の生臭さがあって、パンケーキ自体も焼きがあまくて粉の生臭さが残ってる感じ。

たぶん、わたしがあんまりナッツ系が好きではないってことも関係しているとは思うけど、ダメだった・・・。

このあたりは好みだと思います!こういう生っぽいもっちり感が好きな人もいるもんね。

パンケーキのもっちり感と塩っけはなかなか気に入ったけど、わたしだったら同じ生地をもっと上手に焼ける・・・気がするyo!

あんだけパンケーキパンケーキと騒いでいた子供も、半分ぐらい食べて敢え無くギブアップ。

ハワイ№1パンケーキとの声も高いブーツ&キモーズでこの結果とは、なんとも残念なスタートです。

エッグスンシングス

ここは子供がどうしても来たかった場所。

なぜなら彼は、「しろときいろ」というアマゾンプライムオリジナルビデオにどはまりしたからです。

この「しろときいろ」は、エッグスンシングス日本進出の裏に隠された、日本人女子大生(実在する人物がモデル)が奔走する物語になっています。

青春感がすがすがしくて、なかなかおもしろかったですよ。

気になる方はこちらから

アマゾンプライム

彼がハワイ行きを楽しみにしていた理由は間違いなく、「ここに来ること」と言っていいでしょう。

その舞台となったエッグスンシングスに、我が家が足を踏み入れたのは夜の八時。

並ぶ必要はなかったものの、店内は満席でした。日本にも進出しているとはいえ、さすがの人気店。

ほら、お店にも「しろときいろ」のポスターが!子供のテンションマックス!!!

店員さんは日本語が少しOKで、注文も楽々。

ここで、エッグスンシングスの名物ホイップクリームが渦巻いているヤツは軽くスルーして、シンプルなバナナパンケーキをチョイスする子供・・・。どこまでも我が道を行くタイプです。

わたしはパンケーキな気分じゃなかったのでコーヒーを注文しました。コーヒーはお代わり自由です。

程なく運ばれてきたパンケーキがコチラ。

直径10cm弱で厚めのバナナ入りパンケーキが5枚に、さらにトッピングでバナナとバター。

これまたボリューミーです。

見た目はいいですよ。パンケーキもふわっとしてそうだし。

まずはシロップなしで一口。

・・・生地が粗い。

ベーキングパウダーか重曹をいれすぎたのか、フワっとを越して、もさっとしてます。

パンケーキは塩っけが効いてるのでシロップは必須。

ここのシロップは3種類常備されていまして、プレーン、ココナッツ、グアバをお好みに合わせて。

ココナッツはそのまま味わってみましたが、これはおいしかった!買って帰ればよかったな。

結局、息子は頑張って2枚、わたしは1枚が限界で、こちらでも完食ならずでした。

お会計はチップあわせて17$ぐらい。こちらはチップも含めてカード払いできました。

まとめ

今回の反省を踏まえ、もうハワイのパンケーキに10$以上ださない!と心に決めたわたし。

やっぱりね、ショックが大きいのは、そこそこいい値段するのに、あんまり口に合わなかった、というところ。

これが5$とかだったら文句いってないと思うもん。

ボリュームはあるけど、大味だね~ぐらいで納得してたね。

本当はローカルに愛されてるという手ごろな値段で評判のいいお店、

パンケーキ&ワッフルズ(Pancake & waffles)

コアパンケーキハウス(Koa Pancake House)

に行きたかったんだけど、泊っているところからお店まで少し遠かったという理由で、ついつい近場で済ましてしまったことが悔やまれる・・・。

ハワイにはまだまだおいしいパンケーキ屋さんがあると思いますが、当分ハワイに行く予定はないので、自宅でこのパンケーキでも焼いてハワイを感じることにします。

【作ってみようシリーズ】ハワイ土産③Hawaiian Sunのパンケーキミックスを焼いてみたらエッグスンシングスよりおいしかった件
こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。 今回は、ハワイ土産第③弾、トロピカルジュースのメーカーとしても有名なHawaiian Sunの...

今回は辛口になってしまった上記の2店ですが、どちらのお店もパンケーキ以外のメニューが充実しているので、そちらはおいしいのかもです!

【ハワイへ行きたくなったら!】

トリップアドバイザーでハワイのホテルを比べてみる 

KKdayでハワイのお得なオプショナルツアーやチケットを探してみる

コメント