【絶景】ブンタウ定番観光スポット、キリスト像に登ってみた!【811階段+?】

ブンタウ

こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。

さて、ベトナムにある海の街ブンタウはとってものどかです。

のどか過ぎて目ぼしい観光スポットといっても、2-3カ所あるかないか・・・

その中でも最も有名なのが、山の上に鎮座する「キリスト像」でしょう。

ブンタウの街から南の山に目を向ければ、白い像を目にすることができるはず。

そんなキリスト像、なんとキリスト像自体にも登れるんです。

なんだかご利益ありそうなので、早速トライしてきました。

今回は、キリスト像を拝むまでの山登りとキリスト像内潜入レポをお送ります。

思ってる以上にハードな階段なので、体調と天候が良い日に行ってみてください!

スポンサーリンク


キリスト像の場所・行き方

ブンタウの半島の南の端っこに位置します。

ブンタウの市街地、バックビーチ・フロントビーチどちらからでもタクシーで10分、5万ドン程度。

「ビッグ・クライスト」と伝えると通じます。

google mapでは、ずばり山頂のキリスト像がピンポイントになっていますが、登山口は大通り沿いになります。

Grabで行先を指定する場合は、下記の駐車場を目安にすると良いでしょう。

帰りはGrabか、キリスト像にきた観光客を乗せてきたタクシーを捕まえればOKです。

キリスト像の基本情報・注意点

キリスト像内部に入れる時間帯は決まっています。

◆営業時間:7:30〜11:30、13:30〜16:45

日中日差しガンガンの中、階段を登るのはかなり体力を消耗するので、朝早めのほうがよさそうですね。

また、キリスト像内部に入る際には、膝と肩が隠れる衣類を着用する必要がありますので準備の上、お出かけください。

内部へ通じる入り口にいるおじさんが厳しくチェックしています。

手荷物は内部に持ち込めず、入口付近に置いておくことになります。

とはいえ、異国でバッグおきっぱなしって、かなり怖いですよね( ゚Д゚)

なるべくチェックおじさんの目の前において、「ここにおいてくぜ!よろしくな」と無言のアピールをしておきましょう。

登山および内部に入るのは無料ですが、多少の寄付ぐらいはしておきたいですね。

簡単な食べ物やドリンクを販売する売店は、登り口付近に数店舗、頂上にもあります。

価格もそんなに高くかったですよ。

登ってみた感想

ブンタウに6日間滞在したものの、来る日も来る日もあいにくの曇り・・・

ブンタウを離れる前日にやっとお日様が見えたので、Grabで海岸沿いを通ってササっとやってきましたよ!

よくよく考えると、5日目でブンタウ初観光(笑)

ブンタウ初日から気になってたんですよね、山の上に見える白いヤツ。

「え~っと、階段は200段ぐらいだったかな、なんか結構しんどいらしい」というざっくりした前情報を子供に伝えて、登り始めます。

服装は長ソデ・長パンツ・ビーサンです。

山道じゃなくて階段のみなので、ビーサンでも全然大丈夫!

入口付近にある商店を通りすぎると、すぐに階段が始まって、なんらかの像がそこかしこに。

クリスマス仕様。歓迎を受けてる感ありますね。

売店はローカル価格。わざわざ水をもっていかなくても、冷たいものを買えるので大丈夫!

にしても日差しがキツイ・・・暑いです!

いろんなところに、展望台兼休憩所があるので、休みながら自分のペースで登りましょう。

まだそんなに上ってないけど、眺めはイイ!

使徒たち、かな?池の色が真緑だ・・・

あれ?なかなかキリスト像が見えないな、と気づいたときにはもう600段登ってた(笑)

太ももがプルプルしてきて汗だくです。

やっぱり200段は完全にガセだったね・・・

やっと見えた!

イエーイ!キリストォ!

最後、心臓破りの階段。

もうちょい!

頂上に到着!!!〆て811段!

登り始めてから20分程度かかりました。

キリスト像、でかいっ!!!

なんと高さは約40mもあるんだとか。

ちょっとカクカクしてるね。

さて、ちょっと休憩して息を整えたら、さらなる高みへ向かいます。

キリスト内部へ潜入。

入口はキリスト像の裏側。いろいろ注意書きが書かれていますね。

再度、主な注意点を確認しておきしょう。

  • 肩・膝が出た露出の多い服装はダメ
  • 入口で靴を脱ぎ、荷物は外に置いておく
  • 飲食・喫煙禁止

というわけで、これみよがしにおじさんの目の前にカバンをおいて、スマホと寄付用の少額紙幣のみもって中へ入ります。

まずは、寄付。

さらに、133段の階段を登りますよ!

うへ~グルグル階段。これがまた狭くて延々続く・・・

下りてくる人と上る人がすれ違えないくらいですよ。

欧米人で体格のかなり良い方はつらそうでした。

入っちゃ危険レベル。

混雑時は絶対イヤですね。圧迫感がすごい・・・

人の少ない時間帯を狙っていきましょう。

遂にキリストの肩に出ます!

ちょうど肩のところ!左右それぞれに出られますよ。チラホラ人影が見えますね。

ちなみに、キリスト像の胴部分、ボタンのように見えるところが窓になっていて、ここにらせん階段が通っています。

じゃーん!

狭ッ!!!

ヒト二人出るのがやっとです。

こりゃ順番待ちで混み合うわけだ。

この肩からの眺めは・・・

絶景!・・・とはいかず、あいにくのモヤり具合(=_=)

晴れて、空気が澄んでいたら絶景だったろうな~。

市街地側も、モヤモヤ~

肩部分に生えてる殺傷能力高めのトゲトゲ。鳥よけかな?

長居するのは次に待っている方に迷惑がかかるので、ササっと写真を取ったら交替。

キリスト像の入り口まで戻ると、カバンは無事でした(笑)

汗をたっぷりかいた後、頂上で飲んだキンキンに冷えたジュースが何よりおいしかった!

この後の下りはスイスイっと10分程度。

というわけで、ダラダラ旅中の良い運動になりました!

教訓:モヤのない晴れた日に登ろう!

まとめ

ブンタウ随一の観光名所「キリスト像」。

運動不足も解消、独特の世界観も楽しめるので、ブンタウに来たら一度入っておきたい観光名所ですね。

時間に余裕があるなら、登山口横にある公園や目の前にある海沿いをぶらつくのも楽しそうでしたよ。

まとめます。

  • 市街地からはタクシーで10分程度
  • 上る階段は811段+キリスト像内133段=944段
  • 片道だいたい15分~30分程度、往復1時間弱
  • 服装(露出×)と訪れる時間帯に注意
  • 晴れて空気が澄んでいる日の涼しい午前中を狙え

ではでは、楽しいブンタウ旅を!

Have a nice trip!

【ブンタウに行きたくなったら!】

トリップアドバイザーでブンタウのホテルを捜してみる

【旅の強い味方】

プライオリティパスと海外旅行傷害保険が自動付帯

年に2回以上海外行く人なら持っていて損はないカード

楽天プレミアムカードを申し込む

実際にわたしがこのカードに決めた納得の理由↓

海外旅行者におすすめの本当に使えるクレジットカードは2枚|その①楽天プレミアムカード
こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。 海外旅行をする際に使えるクレジットカードとして、わたしが実際に持っているカードは2枚。 ...

コメント