マレーシア、ペナンの生搾り自動販売機でフレッシュオレンジジュースを買ってみた!

ペナン
スポンサーリンク

スカイスキャナー

こんにちは、ペナンに親子留学中のちはりんです。

さて、マレーシアで生活していると、街中で「えぇっ!!??」と目を疑うようなものを見つけることも多々。

最近は日本でもチラホラ見かけることがあるかもしれませんが、ここペナンの街中では「生搾りオレンジジュースの自動販売機」をよく見かけます。

郷に入っては郷に従え、早速トライしてみました。

お味はいかに?



ペナンで生搾りオレンジジュースの自動販売機がある場所

ショッピングセンター(ガーニープラザ、ガーニーパラゴン、コムタ)の中や、アートスポットになっている観光名所の近くにもあるので、簡単に見つけることができるはず。

ちょっと大きめの自動販売機にオレンジがたくさん詰め込まれていたら、それです!

生搾り自動販売機のオレンジジュースってこんなもの

価格はなんと・・・

7RM(約200円)!

マレーシアの物価にしてはかなり強気です。

4個のオレンジが使われています。

軽く250~300ccぐらい入ってそう。

砂糖・添加物はもちろん無添加。

氷は入ってません。

お金を入れてから受け取るまでの所要時間は30秒ほど。

生搾り自動販売機のオレンジジュースを飲んでみた感想

ある日、子供とペナンにあるガーニーパラゴンをうろついていると、

「ママ!これ何?」

と奇声を上げて指さしたのが、生搾りオレンジジュース自動販売機。

「喉かわいたから買って~」とのお願いに価格を確認すると、驚きの7RM!

普通の食堂・屋台などのフルーツジュースが3RM前後、約2倍の価格設定ですよ。

有人でもない、完全オートマティックでこの価格。

自信の表れでしょうか・・・

期待と若干の不安が胸をかすめます。

マレーシアで生活しているとアルコール以外の飲み物に「7RM」を支払うって、かなりの勇気を要しますからね。

でも、ものは試し!

少し震える手でリンギット札を自動販売機に差し込みまして、自動販売機がどんな動きをするのか観察してみました。

そしたら、まず整列しているオレンジがゴロゴロ流れ出すんですよ。

ライブ感!

で、半部にカットされて、中でグワシッグワシッと絞られ、フレッシュなお汁(お汁て!)が流れ出す!

そしてセットされたカップにイン。

最後は自動で上にシール蓋が装着されて完成です。

自動販売機が優しく差し出してくれるので、取り出していただきます。

取り出し口の横あたりにストローがあります。

(子供)ゴクゴクゴク・・・

(わたし)ゴクゴクゴク・・・

子供と顔を見合わせて

(゚д゚)ウマー!!!

酸味と甘みのバランス最高です。ちょっと塩味も感じるから不思議、ミネラル感かな。

止まらず、

ゴクゴクゴク・・・

子供と取り合い状態。

これねぇ、そこらのお店で3~5RM出すぐらいなら、こっちの方が断然価値あるわ。

どうやらこの生搾り自動販売機はシンガポール発祥らしいんだけど、流行ってるのかいろんな国に輸出されているみたいです。

シンガポールのお隣国であるマレーシアは特に多いですね。

なお、おつりは全部コイン(50¢)で返ってきまーす。

まとめ

というわけで、割高な価格設定はやっぱり味への自信の表れでした!

なんにでも大量に砂糖が入った甘い飲み物(コーヒーもデフォで甘い)が多いマレーシアにおいて、

「素材の味を生かしてシンプルにおいしい」って超貴重。

マレーシアは年がら年中暑い国、特に街歩きをしているとすぐに喉が渇くので、ペナン(マレーシア)に来たらぜひお試しあれ。

では、ハリラヤで爆竹・花火が打ちあがりまくっているペナンからお届けしました。

 

【こんな記事も読まれています】

ダブルツリーリゾートバイヒルトン@ペナンでリゾート気分を満喫!

ペナンのベストパイに認定!チキンパイ・エッグタルト・カリーパフがおいしい「Mak Ee」

子連れOK!ペナンの絶景ルーフトップバーならココ!Three Sixty Skybar

 

【ペナンに行きたくなったら!】

トリップアドバイザーでペナンのホテルを探してみる 

スカイスキャナーでペナン行きの最安航空券を探す

【海外旅行の強い味方】

年に2回以上の海外旅行・子連れ旅・短期海外留学するなら検討する価値アリ、わたしが選んだカード

【目的別】海外旅行におすすめ!持っておきたいクレジットカードまとめ
こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。 海外旅行をするときに本気で使えるクレジットカードとして、わたしが実際に持っているカードは2枚。...

 

コメント