マレーシア名物パンミー(板麺)がおいしいペナンのおすすめ店まとめ

ペナン
スポンサーリンク

スカイスキャナー

こんにちは、ペナンに親子留学中のちはりんです。

ペナンに移住してからというものブログの更新頻度が遅くなり気味ですが・・・

めっちゃアクティブに動き回ってます!

日本にいた頃には昼ごはんのためにバスにのる、とかありえなかったけど、ここペナンでは日常茶飯事(Grabじゃないところが節約派)。

この5カ月くらいはパンミーという麺料理にはまりまして、パンミーのおいしい店があると聞けばせっせと足を運んでました!

というわけで、今回はマレーシアに来たらこれ食べとかないとバカ!

とまで言わしめる名物「パンミー(板麺)」のおすすめ店@ペナンをご紹介します。



パンミー(板麺)とは?

小麦で作られた麺を使い、肉などの具材と混ぜ合わせて食べる中華の中でも客家系の麺料理。

麺の種類は複数あり、お店によっては

  • シンプルな細麺
  • きしめん風の中太平麺
  • 布のような極太幅広麺

などから選ぶことができることが多いです。

お店によってそれぞれこだわりの具材と麺がありますが、豚肉、温泉たまご、じゃこをカリカリに揚げたもの(イカンビリス)、キノコ類、チリが上に乗っているドライ麺が一般的で人気なものの、スープ麺もあったりします。

聞いただけでおいしそうじゃないですか(∩´∀`)∩

何かにつけ甘い味付けになりがちなマレーシアで、日本人のクチにも合う醤油系(だが油断は禁物、たまに甘めの味付けで攻めてくるお店もある)。

客家系とはいえ、特に香辛料のクセもなく、パンチの聞いた具材とシコシコ麺のコラボがたまらない一品に仕上がっています!

では、早速おすすめのパンミーがおいしいお店をご紹介します。

キンキン/Restaurant Kin Kin

最初にここを持ってくるのはちょっと気が引けたんですが・・・

なぜなら大抵のモールのフードコートに入っている、超有名なチェーン店だからね(;´∀`)

マレーシアでパンミーといえば一番にここの名前が挙がってくるほど。

でもでもでもぉー(*´Д`)

やっぱマレーシア全土に展開しているだけあって、ここが一番バランスいいんです!

まず第一に、タレがあんまり甘くない(←超重要)。

そして、具材のバランスが最高

キンキンのメニューラインナップは3種類と超シンプル。

  1. ドライチリパンミー
  2. ドライパンミー
  3. スープパンミー

キンキンではぜひとも「ドライチリパンミー」を食べてください。

2と3は辛くないので、お子様にどうぞ。

はい、これが基本形のチリパンミーですね。

日本のラーメンでいうと中太麺の上にスパイシーな鶏肉みそ、温泉たまご、イカンビリス、フライドオニオン、ネギがオン。

食べ方としては、温泉たまごをがっつりつぶして、これでもかっていうぐらい具材と麺を混ぜていただくのが正解かと。

とにかく、キンキンの完成形麺はちょっとしたカルボナーラレベルの濃厚さなんです!

硬すぎも柔らかすぎもしないしなやかな麺に、半熟卵がつなぎ役となって具材が見事にマッチ。

小魚のしょっぱさとチリのピリ辛感、何度食べてもたまりません。

たまごがからまりついた麺は、一気にもちあげられないほどのもったり感で、見た目以上にボリュームがあり。

表示カロリーは軽く600kcal越えだったわ!

最後まで完食がちょっと難しいんじゃ・・・と思うようなヘビィーな味付けが、チリによって引き締められて意外とするするいけます。

たまごのおかげで辛さが程よくマイルドになっているので、そんなに辛いのが好きじゃない人も食べられるはず。

ちなみに、辛さが足りない方は、セルフで取れるチリを追加で入れてくださいね。

ついてくる魚肉団子スープは、アッサリして辛さを和らげてくれます。

というわけで、味の面からいうと暫定一位ですね。

後述する下のお店と比べると麺の種類を選べないのは残念なんですが、「この細麺一本で勝負するぜ!」というこだわりゆえ、と勝手に解釈。

モールによって多少の価格帯は異なるかもしれないけど、ペナンではドライチリパンミー(魚肉団子スープ付き)⇒7.5RM。

超有名店で、しかも小綺麗なフードコートに入っている割に良心的なお値段。

有名なモール・ショッピングセンターのフードコートにたいてい入ってます。

ペナンならガーニーパラゴン、ファーストアベニューなど。

どこでも食べられるのでここを目指さなくてもいいですが、たまたま見かけたらマストトライ。

例えお腹が1mmも空いてなかったとしてもね!

Ah Gu Pan Mee/阿牛板麺

こちらはペナンで最近店舗を増やしている勢いあるお店。

おかげでジョージタウン内にも数店舗あるので観光客は行きやすいですね。

阿牛板麺は麺は3種類からチョイス、具材の種類も多いので、自分好みのパンミーにカスタマイズする楽しさが味わえます。

そしてこだわりは「NO MSG」=化学調味料無添加で、安心ですね。

まずはベーシックなドライチリパンミー(スープ付き)を試してみてください。

こちらのドライチリパンミーは、デフォで半熟卵はついてこないシンプルなタイプ。

豚ミンチ、甘辛く味付けしたしいたけ、キクラゲが上にオン。

タレは若干甘めで、わたしの好みではなかったものの、平麺はシコシコとして美味。

2回目には好みでなかったドライ麺のタレを避けて、アサリの汁麺を頼んだらこれが大正解!

アサリの出汁が効いたシンプルな塩味、できたらこのツユを凝縮してドライパンミーで食べたい・・・

こちらでは最初にドライ麺を食べて欲しいけど、甘さが苦手な人にはアサリの汁系を無難にどうぞ。

その他にもキムチ麺があったりと、なかなか冒険心と流行にのっかる感の強いお店なので、次はどんなパンミーにカスタマイズしようかなぁ、と行く度にワクワクするお店です。

店内も小綺麗だし、価格帯も5RM~とお手頃。

ありがたいことに?量が少な目なので、はしご食べ歩き可能!

サイドメニューもなかなか充実しているので、ビールがあるかどうかは知りませんが「一杯やりつつ」という使い方もできそうな予感です( `ー´)ノ

◆店舗情報

I MUM MUM PAN MEE

ペナンに数店舗あるパンミーのお店。

お昼時には近所の会社員がよく入っているのでなかなかの人気店と見えます。

こちらのパンミーも3種類の麺から選べる形式。

具材は上記の阿牛板麺ほどバライティにとんでいないものの、そこそこ選べるラインナップがスタンバイ。

「招牌」の名を冠したスパイシーパンミーは、温泉たまごは入っておらず、豚肉スライス、豚のミートボール、キクラゲ、イカンビリス、フライドオニオンなど。

中太の幅広麺はシコシコで申し分ないですね。

タレは残念ながら甘め。

子供が大好きな味ですが、わたしの好みではないので、添えられたライムを絞り、卓上のチリオイルを追加するとぐっと締まっておいしくいただけました。

あぁ、それにしてもしょっぱめのタレだったら最高においしいのになぁ・・・

ドライ麺についてくるスープは、なんともいえない魚のクセがあって好き嫌いが分かれる味。

スープヌードルも同じスープなので、こちらのお店ではドライ麺をオーダーしとくのが吉です。

麺料理の量は少な目ですが、小腹が空いていればサイドディッシュにワンタンなども揃っています。

価格帯は5RM~と庶民派のお店ですが、店内はきちんと清潔感あって観光客でも行きやすいはず。

インド人街の観光途中にどうぞ。

◆店舗情報

葉麺茶室/Kafe Yeap Noodles

パンミーの専門店とういわけではなさそうですが、自家製麺がウリ。

なんと、野菜類をねりこんだカラフルな麺を含め8種類ぐらいが常備!

幅広麺はないので、中太のオリジナル麺をオーダー。

麺はプリプリでいいですねー!

ただ、タレがかなり甘いんだぁ(;´Д`)

あれですね、焼きそばだと思って食べるとおいしい・・・かもしれない(=゚ω゚)ノ

麺はおいしかったです(;´∀`)

こちらもサイド含めバライティ豊富なので、次回は違った味付けの麺にトライしてみたいと思います。

「おいしい」との評価が多かったワンタンですが、まぁ可もなく不可もなくという味でした。

一つ一つが大ぶりなのでお腹が空いていたらどうぞ。

ジョージタウンの最もにぎわう通り沿いにあるとはいえ、麺料理は6RM~と庶民的なお店、どことなくレトロ感ただよう店内です。

ジョージタウン世界遺産エリアど真ん中、有名なチュリアストリート沿いにあるので見つけやすいですよ。

◆店舗情報

まとめ

ペナンのパンミー、いかがだったでしょうか。

マレーシアで食べる麺なんて、コシがないタマゴ麺かビーフンばっか・・・と残念に思っていたわたしですが、パンミーに出会ってマレーシアでの麺ライフに希望を見出しました!

中華系が多いペナンでは、上記の専門店ではなくてもホーカーでもパンミー屋台を見つけられます。

マレーシアに来たら一度は食べておきたい名物麺パンミー、ぜひ食べ比べをしてお気に入りのお店を見つけてください!

では、Have a nice trip!

 

【こんな記事も読まれています】

ダブルツリーリゾートバイヒルトン@ペナンでリゾート気分を満喫!

ペナンのベストパイに認定!チキンパイ・エッグタルト・カリーパフがおいしい「Mak Ee」

子連れOK!ペナンの絶景ルーフトップバーならココ!Three Sixty Skybar

【ペナンに行きたくなったら!】

トリップアドバイザーでペナンのホテルを探してみる 

スカイスキャナーでペナン行きの最安航空券を探す

【海外旅行の強い味方】

年2回以上の海外旅行・子連れ旅・短期海外留学するなら価値アリ、わたしが選んだ鉄板カード

【目的別】海外旅行におすすめ!持っておきたいクレジットカードまとめ
こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。 海外旅行をするときに本気で使えるクレジットカードとして、わたしが実際に持っているカードは2枚。...

コメント