パタヤでシーフードなら安くておいしいと噂の「プーペン」がおすすめ!

パタヤ
スポンサーリンク

スカイスキャナー

こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。

タイのパタヤといえば、ビーチ。

ビーチといえばシーフード。

観光地パタヤでシーフード、さぞかしお高いんでしょうね・・・

と思ってたんですが、意外とリーズナブルなシーフードレストランを見つけてしまいました。

というわけで今回は、ジョムティエンビーチの端っこという立地ながら、観光客にも地元民にも大人気のレストラン「プーペン」をご紹介します。



プーペンの基本情報と行き方

◆営業時間:10時~22時 無休

ジョムティエンビーチの南端に位置します。

パタヤビーチからならジョムティエンビーチ方面の乗り合いソンテウに乗って(乗り継ぐ場合もあり)、終点になります。

帰りも店前から発車する乗り合いソンテウが便利ですが、人が集まらないと発車してくれなかったり、チャーターでどうだ?と割高な料金を言われたりするので、海沿いの道を少し歩いてから、誰かが乗っているソンテウを捕まえるのがいいかもしれません。

所要時間は20分程度、10~20Baht。

流しのタクシ―(ソンテウチャーター)なら言い値が200~300Baht程度。

プーペンの概要

外観・雰囲気

はーい、プーペン名物、ビッグクラブの像がお出迎えしてくれまーす。

まだ茹でられる前なのか、脚の色は青いですね!

高級感はないですが、海のすぐ横という立地で風通し良し。

天気がよければ海に沈むサンセットも楽しめます。

基本はオープンエアでかなりのキャパがあります。

画像には映っていないけど、裏手のほうにも。

それでも20時頃になるとほとんど席が埋まりますけどね。

儲かってるニオイがプンプンします!

価格帯

「安い」「安い」というウワサを聞いていたので、期待値が高すぎて・・・

実際メニューを見てみたところ、そこまで激安ではないです(笑)とはいえ、高くもない。

お料理のボリューム・質からするとリーズナブル感はあるかな。

焼きめし系は100Baht前後、サラダ・和え物系は200Baht、シーフードは300Bahtぐらいから。

とりわけ高級なカニ・ロブスター系を頼まなければ、二人で飲んで食べて、1,000Baht程度(4000円弱)ぐらいです。

メニュー

海鮮系がメインで、種類は豊富です。

1kgいくらの表示で、調理方法を伝えて料理してもらうこともできます。

ホットポット(鍋)も人気でしたね。

トムヤムクンやカレー系、タレ―(和えもの)系、〆のごはん系の一品料理も充実。

そのほか、自家製アイス(本格的!)、スムージ―も豊富で子供が喜んでいました。

その他

じつは、プーペン店舗内には思いがけないほど本格的なアイス、というよりジェラートのお店があります。

利用してみた感想

ジョムティエンビーチに滞在していた我が家は、大通りからソンテウを捕まえて、一人10Bahtで終点まで。

ちなみに、パタヤのソンテウは利用しやすいです(運転席上に行先が書いているし、ルートがほぼ決まっているのでわかりやすい)。

ソンテウを降りたらすぐ目の前がお目当てのプーペンです!

早速メニューとにらめっこ。

・・・ウワサほど安くない・・・(=_=)

勝手なイメージでバンコクの屋台レベル、一品50Bahtぐらいからかと思ってた(笑)

立派なお店を構えるだけあって、やっぱりそこまでは安くなかったですね。

まずはシンハビール(大)と子供が駄々をこねるのでしぶしぶOKしたブルーベリースムージーで乾杯!

このブルーベリースムージーはビールより高かった記憶!

さすが良いお値段するだけあって、かなりの量&おいしさ。

思いのほかヒットでした。

ほどなくして運ばれてきたのは、これだけははずせない「パッポンカリー系」。

有名なのはカニを使った「プーパッポンカリー」だけど、わたしが大のエビ好きなので初めて「クンパッポンカリー」(250Bahtぐらい)なるものを注文。

「エビのカレー炒め卵とじ」みたいな料理で、カレー風味の油をまとった卵がふっわふわでとっろとろ。

やっぱりこれこれ!間違いなくおいしいです。

エビも大ぶりのものが6匹ぐらい入ってたので、日本で食べるとお値段倍近くはしそう。

白ごはんがあればエンドレスのヤツ、途中でたまらず白ごはんオーダー。

というか、白ごはん頼まないヤツ、バカです。

ふぁ~何度食べてもこれはウンマイ!カロリー恐ろしいけど(;´Д`)

年のせいかちょっと油がもたれることもあるけど、それでも食べたいと思わせる「パッポン」、恐るべし・・・

ヤムタレー(150Bahtぐらい)、シーフードの和え物です。

ヤム=あえる、タレ―=シーフードの意味。

これはお子様厳禁の、しっかり辛いタイプ。

酸っぱさと甘さと辛さのハーモニーがたまらない。これぞタイ料理。

ヒーヒーいいながらお箸がとまらないんだよね。

カオパッタレ―=海鮮チャーハン(100Bahtぐらい)

チャーハンって、どこで食べてもそんなにまずくない代わりに、激ウマなものに巡り合えるのも少ない料理。

プーペンのは、お米にちゃんとシーフードの旨味がいきわたって、もちろんお米はパラパラで、かなりレベル高かったです。

シーフードもけっこう入ってたし満足度が高くておすすめ!

結局、お会計は700Baht(2,500円)程度と、思ったよりリーズナブルでした。

帰るころには店内は満席に。

やっぱり繁盛していますね!

まとめ

思ったほど安くはなかったけど、それは最初の期待値が高かったゆえ。

冷静に考えると、このおいしさ・このクオリティなら適性価格。

どれもちゃんとおいくてハズレがない、というのが素晴らしいポイント。

プーペンでは、プーパッポンカリー、トムヤムクン、貝系、エビ系が人気だそう。

なるべく大人数で訪れると、たくさん楽しめそうですね!

パタヤの中心では、シーフードもなかなか強気なお値段のレストランが多いので、こういった庶民的なお店も覚えておくと選択肢が広がります。

では、Have a nice trip!

 

【パタヤに行きたくなったら!】

トリップアドバイザーでパタヤのホテルを探してみる 

KKdayでパタヤのお得なツアー・チケットを探してみる

【旅の強い味方】

年に2回以上の海外旅行・子連れ旅なら検討する価値がある、わたしが持っているカード

【目的別】海外旅行におすすめ!持っておきたいクレジットカードまとめ
こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。 海外旅行をするときに本気で使えるクレジットカードとして、わたしが実際に持っているカードは2枚。...

コメント