パタヤNo.1ルーフトップバーはヒルトンに有り「Horizon」【絶景シービュー】

パタヤ
スポンサーリンク

スカイスキャナー

こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。

どの街に行っても、とりあえず高いところにあるバーを訪れるのが我が家の旅スタイル。

パタヤにもそんな旅の楽しみを叶えてくれる場所がありました。

それが、パタヤ随一の繁華街セントラルエリアのビーチ沿いにそびえたつヒルトン・パタヤの34階にある「Horizon」。

シービュー&サンセット&ダイニング併設と、パタヤでは№1の文句のつけようがないルーフトップバーでした!

「今夜はアゲていきたい!」ってときにおすすめします。



Horizonの基本情報・行き方

◆営業時間:17時~25時 無休

◆公式サイト:Horizon

ヒルトン・パタヤはパタヤビーチからならすぐに見つけることができる、ひときわ背の高い建物。

ちょうどパタヤビーチの中間地点ぐらいです。

ソンテウに乗れば、パタヤビーチ界隈からならすぐ、ジョムティエンビーチ界隈からでも20分ぐらいで出てくることができます。

Horizonのある34階まで上がるには、まずヒルトン・パタヤのロビーがある16階を目指してください。

1階からヒルトン・パタヤのエントランスに入り、エレベーターで16階へ。

奥にあるエレベーターに乗り換えて、さらに34階まであがれば到着です。

Horizonの概要

雰囲気

さすが5つ星ホテルにあるバーだけあって、16階にあるホテルのロビーを抜けるだけで優雅な気分になれますね。

天井が高く解放感がすごい!

ちなみに16階にはインフィニティプールとカフェラウンジ「Drift」がありますよ。

こちらもシービューの絶景で吹き抜ける風が気持ちいいらしいです。

一度は泊まってみたい、ヒルトン・パタヤ・・・

トリップアドバイザーで料金を調べてみる 

34階まで上がりきると、まずは屋内ダイニングエリア。

さらに奥まで進むと、パタヤを240度以上見渡せるパノラマ絶景が広がります。

落ち着いている中にも遊び心くすぐるリゾート感があって、もろわたしの好みのタイプです。

基本、ターコイズブルー・青系&ウッディでまとめてると好みに入りますね(笑)

さらに開放的なルーフトップ空間には、ゆったり配置されたテーブル席とソファ席。

ゴロゴロくつろぎたい人はソファ席、ダイニング使いしたい方はテーブル席へどうぞ。

どの席からでも海は見えますが、できれば柵沿いの席の方がより海の景色を楽しめますよ。

サンセットの時間帯はちょっと混みあう傾向。

音楽はチルアウト系でまったりできます。

夜が更けてくるとDJが入って少しクラブっぽくなるそうです。

価格帯

カクテルは約300Baht~、ビールは約200Baht~、ソフトドリンクは120Baht~。

豆系のチャームは無料で付いてきます。なくなれば交換してくれますよ。

さすがのホテル価格ですが、メニューに載っている価格はすべて税・サ込なので、お会計してみると思ったほど高くないはず。

ハッピーアワー利用なら、二人で軽く一品つまんで予算3,000~4,000円程度ですね。

メニュー

カクテル・シャンパン・ワイン・ソフトドリンクと豊富に揃っています。

詳しいメニュー・料金はコチラ

コーヒー、フレッシュジュースもしっかり揃っているので、カフェ使いもできますよ。

おつまみも300Baht~でいくつか。

もちろん、お隣のダイニングメニューを注文することもできます。

その他

ハッピーアワーは17時~19時、決まった種類のカクテルを1杯注文すると、もう1杯無料。

同じドリンクが2杯で1杯の値段ってことですね。

ハッピーアワーの対象になるドリンクはちょっと少なめの印象。

ドレスコードはスマートカジュアル。

水着はダメ、男性の場合はノースリーブダメ、ぐらいですね。

はっきりいってそんなに厳しくないので、気軽に行けます。

とはいえ、こんな雰囲気ですから、たまにはちょっとぐらいおしゃれしていきたいものです。

利用してみた感想

もちろんサンセットを楽しむために、17時半にはヒルトン・パタヤに到着!

上へのエレベーターを探すのにちょっと手間取ったけど、ショッピングセンターからちょっと脇にそれて、ヒルトン・パタヤのエントランスへ出るのがポイント。

後はエレベーターを乗り継いで、上へ上へと。

最上階34階から見えたのはまずこの景色!間違いなくアガる!

西日が強すぎずちょうどいい時間です。

ハッピーアワーにもありつけてラッキー。

わたしはジンジャー系のカクテル(380Baht)、子供はスプライト(120Baht)で乾杯。

カクテルは・・・ショウガとウォッカだな、とバカ舌でもわかるシンプルな味です(笑)

おつまみはイカのフライ(350Baht)。これはイカが小さくて、衣ばっかり油っぽくて失敗・・・

枝豆はおいしかった!

この後は、サンセットをじっくり鑑賞。

太陽がゆっくり沈んで、

始まるマジックアワ―。

三日月も出てきて、街が輝きだして、パタヤの夜が、始まります。

今夜も、良いサンセットでした(*´▽`*)

こんな景色を見てたら、あっという間に1時間半経過。

子供は、壁に大画面で映し出された古い外国の映像(またこれがシャレオツ)に夢中でした。

お会計は〆て850Baht(3,000円程度)。

あら、意外とお安い。日本のバーぐらいですね。

周りを見渡してもここ以上に背の高い建物は見当たらなかったし、この絶景&雰囲気を考えるとやっぱりパタヤ№1になるでしょうね、納得です。

次回は、ヒルトン・パタヤ16階のカフェラウンジ「Drift」にアフタヌーンティー使いで突撃してみよーっと。

まとめ

さすがのヒルトン、パタヤでもやってくれました。

スタイリッシュさとリゾート感が群を抜くHorizon。

それでいて、思ったよりリーズナボー。

食事前にサンセットを楽しみながら一杯使いでもいいし、

大奮発してゴージャスなディナー使いでもOK(食事するとかなりいくから覚悟して!)、

食後使いで夜景を武器に気になるあの子を落としにかかるもよし。

断言しよう、このHorizonにいけば、間違いない。

迷ったらココ。

バンコクのルーフトップバーから見える景色はビルばっかりでちょっと味気ないけど、パタヤのこのHorizonから見える景色はシービュー&サンセット。

初めて訪れたなら絶景に大興奮するはずですよ。

では、Have a nice trip!

 

【こんな記事も読まれています】

パタヤから船で30分!海がキレイなラン島ツアーでマリンアクティビティ満喫!

子供大満足のプール!パタヤのカートゥーン・ネットワーク・アマゾンで遊んできた!

パタヤでシーフードなら安くておいしいと噂の「プーペン」がおすすめ!

【パタヤに行きたくなったら!】

トリップアドバイザーでパタヤのホテルを探してみる 

KKdayでパタヤのお得なツアー・チケットを探してみる

【旅の強い味方】

年に2回以上の海外旅行・子連れ旅なら検討する価値アリ、わたしが持っているカード

【目的別】海外旅行におすすめ!持っておきたいクレジットカードまとめ
こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。 海外旅行をするときに本気で使えるクレジットカードとして、わたしが実際に持っているカードは2枚。...

コメント