大阪でも本場タイの味、鶏の旨味たっぷりカオマンガイ@「Thai Kitchen」【4種のソースが決め手!】

アジア料理
スポンサーリンク

スカイスキャナー

こんにちは、日本にいても定期的にタイ料理が無性に食べたくなるちはりんです。

さて今回は、大阪の天満橋(谷町四丁目)にあるカオマンガイ押しのタイ料理店「Thai Kitchen」で、タイ本場感満載のカオマンガイをいただいてきましたのでご紹介します。



Thai Kitchenの基本情報

公式URL:http://thai-kitchens.jp/

京阪・地下鉄天満橋が最寄り駅、近畿税理士会館の横にある建物の2階にあります。

道路にも看板が出ているのですぐわかりますよ。

Thai Kitchenの雰囲気・価格・メニュー

カオマンガイをよく知らない方のために説明しておくと、「カオ」はご飯、「マン」は油、「ガイ」は鶏肉を意味し、鶏の油で炒めた白米を鶏のスープで炊き込み、そのごはんの上に茹でた鶏肉のぶつ切りを乗せたタイ料理です。

簡単にいうと、茹で鶏のせごはん

通常、甘辛いタレやネギショウガタレをかけながら食べます。

辛い料理や独特な香辛料のインパクトが強い料理が多いタイ料理の中では、比較的クセも辛さもなく食べやすい料理です。

似たような料理はアジア各国で食べられますね。シンガポールやマレーシアでは「海南鶏飯」で有名。

カオマンガイトートは、「トート」が揚げるを意味し、その名の通り、茹で鶏の代わりにフライドチキンがごはんの上にのったタイプ

カオマンガイの亜種といえるでしょう。

さて、こちらのお店、階段で2階にあがるとカオマンガイ押しのメニューがお出迎え。

店内には、コレコレ・・・

タイ現地でよくみる、鶏がぶらさがっている光景がここでも

と思いきや、これは偽物でした(=゚ω゚)ノ

入ってすぐ右手に注文&支払いをする窓口があります。

お好みのメニューとドリンクをこちらでオーダーし、先払いになります。

注文が終わったら番号札を渡されるので、お好きな席について運ばれてくるのを待ちましょう。

白を基調とした清潔感あるキッチュな店内。

銀色食器が現地タイ食堂の雰囲気をどことなく醸し出していて、女子ウケする内装になっています。

カウンターもあるので、おひとり様利用も多かったですよ。

メニューは、お店自慢のカオマンガイ、カオマンガイトートを筆頭に、他にもヌードル系、日替わりもありました。

Sサイズ:600円、Mサイズ:700円、Lサイズ:800円、カオマンガイとカオマンガイトートのハーフ&ハーフは+100円です。

セットに鶏をゆでた際に取れるスープとドリンク(小さめ)が付きます。

大阪のビジネス街にしてはなかなかリーズナブルな値段設定ですよね。

女性ならSサイズでも十分。お腹が空いていればMサイズ、がっつりいくならLサイズでどうぞ。

こちらのお店の特徴は、タレが4種類揃っていて、味の変化をつけながらカオマンガイを楽しめること。

持ち帰りされている人も多かったですよ。

食べてみた感想とまとめ

訪れたのは平日の13時過ぎというピークを過ぎた時間帯。

にもかかわらず、店内は7割の入りで、かなり人気があるみたいです。

さて、カオマンガイとカオマンガイトートのハーフ&ハーフSサイズを注文(700円)。

番号札を受け取って席に着いたら、程なく運ばれてきました!

思ったよりボリュームあり!

パクチーは上にちょこんと。パクチーモリモリが良い方は追加お代わり注文しましょうね。

まずは、そのままでお米とチキンをいただきます。

うむ、鶏だしを吸ったぱらぱら米がうまい!

鶏肉はそこまでトゥルンとしてないけどね。

旨味を感じるムネ肉ですね。

そして間違いないうまさのトート(揚げ鶏)。

ちょっと淡泊なカオマンガイに油ものが加わると、最強になります。

さて、カオマンガイはここからが本番・・・

なんといっても、Thai Kitchenではね、

なんと4種類のタレ(ソース)がスタンバイしてますから!

その名も、「Thai Kitchenのシェフたちが作るオリジナルソース」。

「たち」って誰・・・?という疑問は横においといて、それぞれの違いを黙読。

  • オリジナルソース:青唐辛子がベース、タイキッチンオリジナルあっさりたれ
  • 定番ソース:赤唐辛子の少しスパイシーなカオマンガイ定番たれ
  • ベーシックソース:ガーリックが入っていない辛さを控えた初心者用タレ
  • スィートチリソース:カオマンガイトートにかける甘くて少し辛さもあるタレ

ということだそうで。

もちろん全種類試したよ!

個人的に気に入ったのは、定番ソースとオリジナルソースかな。

定番ソースは辛さががっつりでモロ好み。

オリジナルソースはライムっぽい酸味もあって、爽やか。

ただ、にんにくがっつりだから、業種によっては午後の仕事に差し支えるかも!

そして説明どおり、カオマンガイトートはスイートチリの甘さと相性良し。

とにかく、旨味がちゃんと移っているお米がおいしいです。

天満橋のちょっと脇にそれた道沿いにもかかわらず、13時過ぎてからも続々と人が訪れる大人気のお店。

夜ご飯メニューもかなり気になるんですよねー。

大好きなソムタムとかムーダディとか、どれもだいたい500円という潔い値段設定も好印象。

これにLEOビールをあわせたらどうなることか・・・長い夜になりそうですな。

あぁ、タイのあのお店に行きたくなってきた・・・

バンコク、クロントゥーイのカオマンガイ・ソンポーンがおいしすぎる件
こんにちは、寝坊な毎日で、いつのまにか一日2食が常態化している子連れ旅中のちはりんです。 朝起きるじゃないですか、まぁ、朝って言っても...

というわけで、大阪にいながらにして、本場タイの味カオマンガイをお手頃価格で楽しめるThai Kitchenのご紹介でした!

では、Have a delicious food!

【ちはりんが実際に旅で利用しているもの】

楽天プレミアムカード

プライオリティパス海外旅行傷害保険自動付帯

年に2回以上海外行く人なら持っていて損はないカード

実際にわたしがこのカードに決めたメリット等詳細はこちら↓

【目的別】海外旅行におすすめ!持っておきたいクレジットカードまとめ
こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。 海外旅行をするときに本気で使えるクレジットカードとして、わたしが実際に持っているカードは2枚。...
Booking.comで次の宿泊先を探す

⇒手数料・税込みの合計金額がわかりやすい、Genuis特典で一番安いことが多い
KKdayでお得なオプショナルプランを探す

⇒交通系チケットが格安、アミューズメント系チケット充実

コメント