【意外】マレーシアではキャッシングより街中の両替所の方がレートが良かった件

マレーシア
スポンサーリンク

スカイスキャナー

こんにちは、ペナン親子留学中のちはりんです。

さて以前から口すっぱく、「海外ではキャッシングで現金引き出しが最強にお得!」と言い続けてきましたが・・・

ここ、マレーシアでは少し様相が異なるようです((+_+))

数回キャッシングで試してみましたが、街中の両替所レートの方が良かったことにびっくりしました。

えぇ、何回か電卓をたたきなおしましたから・・・

というわけで、多額の現金を持参することに抵抗がない方は、マレーシアでは現地の両替所で両替する方がお得です。



海外キャッシングでかかる費用の計算根拠

まずはキャッシングでかかる費用の計算式を確認しておきます。

細かい計算根拠等がめんどくさい、と感じる方はすっとばして結論へ↓どうぞ。

現地通貨引出し額×基準レート×利率+手数料

現地通貨引出額については説明不要ですね。

基準レートとは、実際に利用した時の為替レートではなくて、VISA・JCB・Mastercardによって指定されるレートになります。

カード会社が指定するわけではありません。

一般的には利用データが各国際ブランドのセンターに集まった時に、指定するレートになります。

前日のレートを適用するブランドもありますし、当日のレートを適用するブランドもあります。

各国際ブランドでは、当日の基準レートを発表しています。

なお、海外でクレジットカードを使ってショッピング等する場合には、基準レートに上乗せレート(カード会社によって異なるが1.6%~2%程度)がかかりますが、海外キャッシングにはかかりません。

利率は、年率×返済までの日数÷365日で算出できます。

たいていのカード会社が設定している年率は18%程度なので、返済までに1週間(7日)かかったとすると

18%×7日÷365日=約0.345%

となります。

手数料は、通常、カード会社が設定する海外ATM利用手数料と繰り上げ一括返済をする際にかかる費用(電話代や振込手数料等)になります。

海外ATM利用手数料は各カード会社によりますが、1万円以下で100円(税抜き)、1万円超で200円(税抜き)を設定していることが多いですね。

ちなみに、一部のカード会社は海外ATM利用手数料を無料にしています。(セディナカード等)

また、ほとんどのカードでは、海外のATM設置事業者へ支払うべき海外現地ATM利用手数料はかかりません。

いくら画面に「○○リンギットかかるよ」という表示がでたとしても、日本の法律上、カード会社がその海外現地ATM利用手数料を利用者から徴収することは禁じられています。

詳しくはコチラ

キャッシングをしたままほっておくと、借りた日に応じて次の返済日までの利息がかかるので、安く済ませるためには繰り上げ一括返済をする必要があります

その際、返済日時点の返済額を確認するためにカード会社に電話をするならその通話料、指定口座に振り込むための振込手数料などがかかる場合があります。

セディナカードであれば、オンラインで返済額を確認でき、ペイジーを利用して返済できるのでこの手数料は0円となります。

これがセディナカードが海外キャッシングするなら最強といわれる所以ですね。

※わたしも持っているセディナゴールドカードの詳細はコチラ

キャッシングのレートと両替所のレートを比較

さて、前置きがおわったところで本題に入ります。

まずはyahooが出している為替レート表。

出典:Yahooファイナンス

お気に入りのセディナカードで4月9日に現地で2,000RMをキャッシングしました。

セディナカードの場合は、利息以外の手数料は無料なので考慮する必要ありません。

返済日は4月11日。

元本・利息54,981÷2,000RM=約27.4905

翌日4月10日に、現地の両替所(かなりレートが良いところを紹介してもらいました)で両替。

800,000円÷29,440RM=約27.1739

確かに、4月10日はかなりリンギット安が進んだとはいえ、見逃せないレート差。

10,000円につき100円(3~4RM)ぐらいかわってきますね。

フレッシュジュース1杯買えます。

少額の両替ならそんなに痛くないですが、10万円を超える金額の両替になってくるとその差はデカい・・・

たまたま、わたしが紹介してもらったその両替所だけがダントツにレートがいいのかと思いきや、ガーニープラザ(ペナンにある有名なショッピングモール)に入っている両替所のレートをちらちら確認してみたところ、そんな有名どころにある両替所でもレートが悪くないんですよ!

4月19日の時点で円→RMで36.8(換算レート27.1739)でした。

ちなみに、ペナンの両替所ではお昼の12時頃を境にレートが割れるそうです(それまでは前日レート、その後は当日レート)。

まとめ

というわけで、マレーシアにおいては海外キャッシングも街中の両替所でも、そこまでレートは変わりません。

むしろレートの良い両替所を見つければ、キャッシングよりお得に両替できる可能性が高いです。

とはいえ、大量の日本札を持ちあるくのは危険極まりないので、盗難のリスクを避ける意味でも海外キャッシングのメリットはまだ残ってますけどね。

では、Have a nice trip!

 

【こんな記事も読まれています】

【雑】ペナンでコンセント変換アダプタ(プラグ)を買える場所【安いのはココ!】

【旅好き必見】Booking.comのセルフバックでもっとお得に宿泊する裏技!

【セディナカードで検証】台湾で海外キャッシングは両替よりお得か?ペイジー繰上返済方法も解説!

【マレーシアに行きたくなったら!】

トリップアドバイザーでマレーシアのホテルを探してみる

スカイスキャナーでマレーシア行きの最安航空券を探してみる

【海外旅行の強い味方】

年に2回以上の海外旅行・子連れ旅なら検討する価値アリ、わたしが選んだカード

【目的別】海外旅行におすすめ!持っておきたいクレジットカードまとめ
こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。 海外旅行をするときに本気で使えるクレジットカードとして、わたしが実際に持っているカードは2枚。...

コメント