ドンムアン空港@バンコクのプライオリティパスが使える国際線ラウンジまとめ

プライオリティパス

こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。

プライオリティパスをめでたく手に入れてからというもの、海外旅行に出かける際にはこのパスで入れるラウンジを使い倒しています。

もはや旅の楽しみの一つが、各空港のラウンジ巡りといっても過言ではないでしょう。

さて、バンコクのLCC専用、ドンムアン空港国際線出発フロアには、プライオリティパスで入れるラウンジが3つもあります。

今回はそのすべてのラウンジを徹底解説します!

主にエアアジアやその他LCCが使っているターミナルがドンムアン空港になりますので、フライトは節約しても、空港ではここぞとばかりに優雅に過ごしましょう!

プライオリティパスが無料でつく楽天プレミアムカードを申し込む

スマ留

バンコク、ドンムアン空港にあるプライオリティパスで入れるラウンジ

国際線(第1ターミナル)の出発フロアに3カ所、

国内線(第2ターミナル)の出発フロアに2カ所、4階にコワーキングスペースが1カ所あります。

今回徹底解説するのは、国際線(第1ターミナル)の出発フロアにある3つのラウンジです。

  • The Coral Executive Lounge/コーラルラウンジ
  • MIRACLE LOUNGE/ミラクルラウンジ①
  • MIRACLE LOUNGE/ミラクルラウンジ②(2階)

なんと、MIRACLE LOUNGEが2つもあるというまさにミラクルな設計。

詳しくは⇒プライオリティパス公式サイト

では、早速それぞれのラウンジを見ていきましょう。

1.The Coral Executive Lounge/コーラルラウンジ

コーラルラウンジの場所

出国審査・セキュリティーを通過するとすぐに現れます。

やや左より、VAT払い戻しデスクの隣ですね。

入口は小さく、目立ちません。

VAT払い戻しデスクが、いつも中国系観光客で込み合って列になっているので、余計に目立たなくなっています。

コーラルラウンジの利用条件

営業時間は24時間、さすが深夜便の多いLCC専用ターミナルです。

利用制限時間は3時間まで。

入口を進んだ奥のカウンターでプライオリティパスとボーディングパス提示、サイン後、エスカレーターで下ります。

詳しくは⇒プライオリティパス公式サイト

コーラルラウンジの雰囲気、サービスの内容

エスカレーターを降りると、キャパは思った以上に大きく、ゆったりとして落ち着いた雰囲気です。

飛行機が目の前に!機体好きにはたまりません。

Wifiはもちろん完備、充電はどの席でも可能。

食事は、一見品揃えが少なそうに見えて、一通り揃う感じ。

ホテルのアフタヌーンティー的な雰囲気で、プレゼンテーションにもどことなく高級感が漂います。

スープ、ホットミール5種程度

この日はマッサマンカレー!トムカーガイの日もあります。

パン・サンドイッチ類。盛り付けがキレイです。

前菜、サラダ

パスタなどもココットごとに入れられてラップ&保温

フルーツ、デザート3~4種。

チョコの質はいまいちです(笑)

タイの伝統的なお菓子。ただただ甘し。

バタフライピーのドリンクも!

紅茶・コーヒー・ジュース類

また、こちらのラウンジではコーヒー・ビール・アルコール類はオーダー式です。

缶ビールも自由に取るセルフではなく、スタッフに伝えると丁寧にグラスに注いで渡してくれます。

それから「coral(コーラル)」の名が入った無料オリジナルカクテルが5種ほど揃っています。

ラウンジでは初めて見かけましたね。

また、15分の無料マッサージも受けられます。

トイレは中にあり、シャワーは無しです。

利用した感想

オリジナルカクテルが無料だったので、coralの名が入ったモヒートを注文してみました。

グラスと見た目はいい感じ!

味もおいしい!

ただアルコールをほぼ感じられず、個人的に残念・・・

2杯目以降はおとなしくビールに切替、キンキンに冷えていてうれしい限りです。

とある日はマッサマンカレーと

バタフライピー。味は爽やか。インスタ映えする色合い。

利用客があまり多くないのか、それぞれの食品が劣化しないよう個別にラップにかけられているなど、気遣いは◎

日本人の利用客が多く、マッサージを受けている人も結構いました。

バンコクのドンムアン空港には他にもラウンジがあるのですが、ここのラウンジが一番評判が良いようです。

2.MIRACLE LOUNGE/ミラクルラウンジ①

ミラクルラウンジ①の場所

出国審査・セキュリティーを通過して左手、搭乗ゲート1番方面に進むと、右手にすぐ現れます。

NARAYAのすぐ右隣!

上記のコーラルラウンジからもすぐ。

「King Power」免税店のちょうど向かい側にあります。

ミラクルラウンジ①の利用条件

営業時間は24時間、コーラルラウンジと同じです。

利用制限時間は2時間まで。

上記のコーラルラウンジよりは1時間少なくなりますが、実際のところ、利用制限時間を超えても何も言われないことが多いと思いますけどね。

入口右手前にあるカウンターでプライオリティパスとボーディングパス提示、サイン後、エスカレーターで下ります。

詳しくは⇒プライオリティパス公式サイト

ミラクルラウンジ①の雰囲気、サービスの内容

エスカレーターを降りると、コーラルラウンジと同じような広さの空間が広がります。

落ち着いてはいるものの、空間が無駄に空きすぎていて、なんとなくバランスが悪い印象。

ザ・待合室感。

カーテンが閉められているので、全体的にほの暗いです。

仮眠をとるには最適ですね。

Wifiはもちろん完備、充電はどの席でも可能。

食事提供スペースはエスカレーターを降りてすぐのところに広がっています。

スープ、ホットミール5種程度

この日はグリーンカレー

麺系は意外と充実

カニカマやらカリフォルニアロールやら。とにかくオレンジ色。

パフ系。東南アジア圏では人気。

フルーツ、サラダ、デザート5種、焼き菓子

紅茶・コーヒー・ジュース類、ビールは3種

アルコール類はこのようにズラリと。ロシア人なら一気のみかな。

トイレは中にあり、シャワーは無しです。

利用した感想

コーラルラウンジよりは人が少なめです。

食事はそこそこ充実しているので、ゆっくりはできますね。

缶ビールは自分で取り放題だし。

ただ、なんとなくシケてる・・・。

空間が広いわりに、席の配置方法なのかなんなのか、チグハグ感があるんですよね。

みんなコーラルラウンジを使い傾向があるようなので、穴場といえば穴場。

豪快に仮眠している人もいました(笑)

3.MIRACLE LOUNGE/ミラクルラウンジ②(2階)

同じ国際線出発フロア、上記の一つ目のミラクルラウンジの斜め前に二つ目のミラクルラウンジがあります。

絶賛 店舗増殖中?

食事内容はほとんど上記のミラクルラウンジ①と変わらないので、雰囲気の良いこちらのミラクルラウンジ②の方がおすすめ。

ミラクルラウンジ②の場所

出国審査・セキュリティーを通過して左手、搭乗ゲート1番方面に進むと、左手に現れます。

MIRACLE LOUNGE①からも50歩かからないくらい(笑)

街中の免税店で購入した品物受取場所のちょうど上にあります。

ミラクルラウンジ②の利用条件

営業時間は24時間、コーラルラウンジ・ミラクルラウンジ①と同じです。

利用制限時間は2時間まで。

ミラクルラウンジ①と同じです。

階段手前にあるカウンターでプライオリティパスとボーディングパス提示、サイン後、階段で上がります。

詳しくは⇒プライオリティパス公式サイト

ミラクルラウンジ②の雰囲気、サービスの内容

階段を上っていくと、ミラクルラウンジ①よりも開放的で素敵な空間が広がります。

どことなく、中華テイストも感じます。

世界を飛び回っているビジネスマンが、いかにも利用してそうな雰囲気ですね。

足をのばしてゆっくりできる個室感覚のイス。

Wifiはもちろん完備、充電はどの席でも可能。

食事提供スペースは壁側に広めにとられています。

ラインナップはミラクルラウンジ①とほぼ一緒。

気持ちこちらのラウンジの方が多いぐらい。

プレゼンテーションの仕方で、3倍おいしく見えるもんだな、という体験ができました(笑)

スープ、ホットミール5種程度

パフ系

サラダ、フルーツ

デザート5種、焼き菓子

紅茶・コーヒー・ジュース類、ビールは3種

このラウンジではスパークリングワインも飲み放題(あんまりおいしくなかったけども)

アルコール類は先ほどと同じようにズラリと

トイレは中にあり、シャワーは無しです。

利用してみた感想

さっきのミラクルラウンジ①と全く雰囲気が違う!

明るくって天井も高く、テーブルやイスもスタイリッシュ。

欧米系の方の利用がどちらかというと多め。

まだまだ穴場の様子で人もまばら。

ここだったら一人ゆっくりと快適に過ごせそうです。

個人的おすすめランキングとおすすめポイント

1位:コーラルラウンジ

ラウンジ内は圧倒的にラグジュアリー感あり、飛行機を目の前にゆっくりできます。

食事メニューも充実。

オリジナルカクテルがあったり、本格的なカプチーノをいただけるのも他と一線を画すポイント。

時間があれば無料マッサージ15分を受けられるのもうれしいです。

残念なのはビールの種類が少なく(2種でシンハ無し)、いちいち注文しないといけないところ。

特に数の制限はないんですけどね。

どのラウンジに行こうか迷ったら、ココを選んでおけば間違いないでしょう。

2位:ミラクルラウンジ②(2階)

解放的な空間と、足をのばせてゆっくりできる一人掛けカウチソファ!

何気にデザート系はコーラルラウンジより充実している印象です。

アルコールがセルフで飲み放題、ロゼスパークリングもあり、ビールもシンハ・チャーン・レオの3種類が揃っているのもポイント高し。

旅の最後にビールを思う存分飲みたいとき、一人旅などでPC作業・読書をしたいときはこちらがおすすめですね。

3位:ミラクルラウンジ①

中級ホテルの朝食会場またはバスの待合室のような感じです。

とはいえ、その分穴場といえば穴場。

食事をさっくり取って、仮眠したいときに、こちらの暗めのラウンジ使いはありかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか、バンコク、ドンムアン空港の国際線ラウンジ3つ。

最初はコーラルラウンジのみだったのが、あれよあれよというまに、いつの間にか増えていました。

ドンムアン空港はLCC専用ターミナルなので、節約旅派はこの空港を利用することが多いと思います。

ラウンジが利用できると、節約旅でもちょっとだけリッチ気分を味わえるんで、おすすめです。

混雑した空港待ち合い場所と違い、プライオリティパスで入れるラウンジは適度に空いていて、時間つぶし・小腹満たしに最適。

毎度のことながら、プライオリティパスがあるおかげで空港で過ごす時間がダンゼン充実するので、いまやありがたい旅の友です。

みなさんも空港ラウンジ利用で充実した旅を!

では、Have a safe flight!

【今回のラウンジを無料で利用できるプライオリティパスをゲットする方法】

プライオリティパスと海外旅行傷害保険が自動付帯

年に2回以上海外行く人なら持っていて損はないカード

楽天プレミアムカードを申し込む

わたしがこのカードに決めたメリット等詳細はこちら↓

【目的別】海外旅行におすすめ!持っておきたいクレジットカードまとめ
こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。 海外旅行をするときに本気で使えるクレジットカードとして、わたしが実際に持っているカードは2枚。...

コメント