バンコク、ドンムアン空港でキャッシング。現地ATM利用手数料を無料にする方法

旅のテクニック
スポンサーリンク

スカイスキャナー

こんにちは、プーケットからバンコクにやってきました子連れ旅中ちはりんです。

どの国に入っても、まずすべきことは

  • 海外キャッシング
  • SIMカード購入
  • 移動手段確保

なんですが、タイ入りしたプーケットでは「海外キャッシング」をしてなかったのです。

なぜなら、タイではキャッシングする際に現地ATM利用手数料が200Bahtぐらいかかるという話をきいてビビってしまったから。

しかし!実際には、次の方法であれば無料でキャッシングできましたのでご報告です。尚、わたしが実際に利用している楽天プレミアムカード(JCB)での話になります。



タイではATMでキャッシングすると現地ATM利用手数料がかかる?

マレーシアや香港、マカオでは現地ATM利用手数料がかからないの、海外キャッシング推奨派なのですが、なんと恐ろしいことにタイでは、その手数料が通常、200~220Bahtぐらいかかるとの情報が!

じつは、「キャッシュカード」で「引き出す場合」にはかかるようですが、「クレジットカード」で「キャッシングする場合」にはかからないという情報もあります。

海外ATM利用手数料:カード会社が請求するATM利用手数料

現地ATM利用手数料:現地のATM設置事業者が請求するATM利用手数料

ただ、クレジットカードでのキャッシング時にも「手数料〇〇バーツかかります」との表示も出るようで、実際にかかっているかどうかは、わたし自身ためしたことがないので不明です⇒台湾で試しました。その結果はこちら

台湾のコンビニATMで海外キャッシング。手数料がかかる表示されたけど無料だった件
こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。 さて、つい先日訪れた台中では、コンビニのセブンイレブンにあるATMを利用してセディナカードで海...

※2018年9月追記。

やはり、キャッシングの場合は金銭貸借の扱いになるので、海外であっても日本の貸金業法および利息制限法が適用されるため、請求できる額(利息+海外ATM利用手数料のみ)が決まっているとのこと。

基本的に現地ATM利用手数料はどのATM機、どのブランドのカードを使ってもかからないはずです。(カード会社が負担してくれます。)

ATM操作時に手数料がかかる表示があっても、カード利用明細には記載されていないはずのでご確認を。

ただ、一部対応していないクレジットカードもあるようなので、不安であれば事前にカード会社にお問い合わせしてください。

現地ATM利用手数料を無料でキャッシングできた方法

※上記追記参照⇒どのブランドのカードでどの国のATMを利用してもかからないはずです。

結論からいうと、

JCBカードを使ってBangkok Bank(バンコク銀行)のATM

を使えばOKでした。

ドンムアン空港でのATM操作方法

まず、ATMを探します。

ドンムアン空港は北に国際線、南に国内線があるのですが、それぞれの建物の端と端のあたりに、下のように何台か揃っているはずです。

Bangkok Bank(バンコク銀行)のATMは青です。

①JCBのクレジットカードをATMに差し込んでください。

②PINコード(通常4桁)を(画像にあるように手で隠しながらすると尚よしw)入力してENTER。

③バンコクでは日本語を選択できますので、他の言語が母国語でなければ日本語を選んでください。

④取引を選びます。何度も出てきてますのでそろそろ覚えてきたでしょうか、

「引き出し(Withdrawal)」を選択です。

⑤口座は「クレジットカード」を選択。

⑥手元のボタンで必要なバーツの額を入力してENTER。最小単位は100Baht。

現金を受け取って、必ずクレジットカードも抜き取ってくださいね!

その他注意点

今回はドンムアン空港でのキャッシング操作方法でしたが、タイ国内であればほぼ同じようなATM操作方法でキャッシング可能なはずです。

尚、街中にポツンとあるようなATM機械は細工されていてスキミングされる可能性があるので、できるだけ安全で信頼できる場所のATMを探してください。

また、カードの抜き忘れにはくれぐれもご注意くださいね。

バンコクのATMは、一定期間抜き取らなければカードが機械に吸い込まれます。

そうなった場合は、ATM機に記載されている電話番号へ電話してください。

利用してみた感想とまとめ

さて、JCBカードを利用して、Bangkok Bank(バンコク銀行)のATMを利用した場合は、「手数料がかかります」との表示は現れませんでした。

尚、楽天カード側の海外ATM利用手数料は、1万円以下で108円、1万円超えると216円かかります。

キャッシング後の繰り上げ返済手順はこの記事参照。

【一番お得】香港空港で海外キャッシングする方法【楽天カードの返済方法説明アリ】
こんにちは、中国語のメニューにある「田鶏」を地鶏だと確信してオーダーした結果、カエルがでてきて勉強になった子連れ旅好きちはりんです。 ...

JCBカードは「現地海外ATM手数料が無料」であることを公言してますので、もしかするとBangkok Bank(バンコク銀行)のATMでなくても手数料はかからないかもしれません。(手数料がかかる表示はされるが、JCB側で無料にしてくれるとの情報あり)

※上記2018年9月追記参照⇒どのATMでも基本かかりません。

東南アジア圏は、どんどんこういったあたりが変わっていきますので、最新の情報を手に入れるように心がけたいですね。

尚、タイ現地でSIMカードを買うと結構高かったです(2週間で600Bahtぐらい)。

バンコクのスワンナプーム空港受け取りになりますが、こちらで購入すると安いです

KKday:SIM・8日間4G使い放題

では、Have a nice trip!

【ちはりんが実際に旅で利用しているもの】

楽天プレミアムカード

プライオリティパス海外旅行傷害保険自動付帯

年に2回以上海外行く人なら持っていて損はないカード

実際にわたしがこのカードに決めたメリット等詳細はこちら↓

【目的別】海外旅行におすすめ!持っておきたいクレジットカードまとめ
こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。 海外旅行をするときに本気で使えるクレジットカードとして、わたしが実際に持っているカードは2枚。...
Booking.comで次の宿泊先を探す

⇒手数料・税込みの合計金額がわかりやすい、Genuis特典で一番安いことが多い
KKdayでお得なオプショナルプランを探す

⇒交通系チケットが格安、アミューズメント系チケット充実

 

コメント