コンラッド大阪40スカイバー&ラウンジで楽しむサンセットタイム!

飲み
スポンサーリンク

スカイスキャナー

 

こんにちは、高いところが無駄に大好きなちはりんです。

仕事終わりに夕日が見たくなる時、ありませんか。

わたしは毎日見たくなります。

今回は、海辺までいかなくても最高のサンセットをみられる場所を、大阪のど真ん中で見つけたのでご紹介します。

かなりのアッパー感を味わえて、なおかつお手頃。

そんなわがままな願いをかなえてくれるのが、コンラッド大阪にあるバー「40スカイバー&ラウンジ」なのです。



コンラッド大阪の魅力を語る

お気づきかと思いますが、結構ミーハーなんですよ、わたし。

新しいものとか、わかりやすい高級感とか、無駄に高い建物とか。

となればもちろん行っちゃいますよね、2017年6月にできたばっかりの40階建てのホテル、コンラッド大阪へ。

肥後橋と北新地の間あたりにできた高層ツインタワーは、東側にフェスティバルホール、西側にコンラッド大阪が入っています。

地下の飲食店街は東西どちらも行き来できるので便利です。

コンラッド大阪のロビーはなんと40階にあります。

なので、1階に仰々しいロビーはありません。

四ツ橋通りから入って西に進むと、奥の方に黒を基調としたエレベータホールがひっそりと奥ゆかしく現れます。

マリーナベイサンズのエレベータに比べると少し劣る気がしますが、ものの数秒で40階までぴゅーんといけちゃいます。

エレベータのメーカーをいちいちチェックする間もないですよ(え、普段みんなチェックしない?)

建物の一番上にあたる40階は、天井がどどーんと高く半端ない開放感です。

どこぞの有名アーティストが創ったという風神・雷神(ミシュランのキャラクターにしか見えない)の間をすり抜け、宿泊者用のロビーを横切って、キラキラした40スカイバー&ラウンジへ入ります。

大きく開かれた窓、ゆったりとした席と席との間隔、ふかふかの絨毯、席に着くまでの間にもワクワク感が高まります。

そんなコンラッド大阪、思いのほか混んでいないんです。

場所代を考えるとそこまで高すぎることもないのに。

まだ穴場なんじゃないでしょうか。

ここぞという時に使える場所です。

平日限定 アペリティフ・イン・ザ・スカイを楽しむ

今日はコンラッド大阪のホームページを見て目が釘付けになった平日限定のプラン「アペリティフ・イン・ザ・スカイ」(税・サ込3,900円※2018年7月現在)を楽しみます。

平日17:30-19:30に入店すれば、20:30までチャージ無しで居座る(笑)ことができるので、大阪市内の職場であれば仕事終わりでも十分間に合いますよ。

わたしの職場だった堺筋本町からタクシーで10分で着くので、18時に退社しても18:30から2時間はゆっくりできるわけです。

プランの内容は以下の通り

◆スカイバイツ
スパニッシュ・チョリゾー、パルマハムとメロン、オリーブのマリネ、鯛のフィッシュフライ
◆下記よりお好きなお飲み物3杯
ビール(小瓶)、赤白ワイン(バロン・ド・ロスチャイルド メルローもしくはシャルドネ)、 カクテル

カクテル5種類ぐらいとノンアルカクテル2種、箕面ビール各種、その他ビールがそろっていました。

スカイバイツは軽いおつまみ程度の内容ですが、それぞれきちんとしていておいしかったです。

ちなみに、通常のドリンクのお値段は軽く2,000円(税・サ抜で!)ぐらいするので、この空間でこの内容でこのお値段、アペリティフ・イン・ザ・スカイ、かなりの大盤振る舞いです。

小さな子供連れの海外の方も利用していましたので、早めの時間帯なら子供もOKだと思われます。

神戸の山々に落ちていく夕日を堪能

そして、このアペリティフ・イン・ザ・スカイを楽しめる時間帯はまさに絶好のサンセット鑑賞時間帯!できれば予約の電話を一本いれて、窓際のサンセットが良く見える席を押さえててもらいましょう。

時間とともに色を変えていく太陽と空、遠くの方に伊丹空港へ離発着する飛行機も見えます。

都会の喧騒を忘れて、ゆっくりできるこの空間は、年に数回は訪れる価値ありです。

コメント