ブンタウではコムニュウ(ベトナム土鍋ごはん)屋さんが大流行!おいしいおかずも勢ぞろい!

ブンタウ

こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。

ベトナム料理といえば、生春巻き、バインセオ、フォーなどが有名どころ。

でも、ベトナムに来たならぜひともこれを食べてほしい、「コムニュウ」

おいしいお米とバラエティ豊かなおかずを食べられるのが、コムニュウ屋さんなのです。

ブンタウでは、リーズナブルなコムニュウ屋さんをあちこちで見かけたので、その魅力をご紹介します。

おかずと白いご飯が大好物な方、ぜひ試してください!

スポンサーリンク


コムニュウとは?

コムニュウとは、「土鍋ごはん」のこと。

土鍋で炊かれたごはんが、一人分づつ提供されます。

さて、ベトナムでごはんモノが食べられるところ、といえば街中でよく見かける大衆食堂「コムビンザン」を思い浮かべる方も多いんではないでしょうか。

コムビンザンとコムニュウ屋さんは一体何が違うのか。

「コムビンザン」で使われるお米は、だいたい砕き米である細かいお米の「コムタム」。

おかずは作り置きで、ショーケースから選ぶ形式。

庶民的なお店が多いので、お値段は安めです。

対して「コムニュウ屋さん」のお米は、土鍋で香ばしく炊きあげられたもっちり感のあるお米。

日本の土鍋ごはんよりは少し固め、粒が立つ感じに炊きあげられています。

もちろん底にはおこげも。このおこげにネギやゴマを振りかけて食べることもありますね。

そして、おかずはオーダー形式で注文してから調理してくれます(温めなおすだけのものもあり)。

ちょっと手間がかかっている分、コムビンザンよりはお値段お高めになります。

香港でよく食べられている「煲仔飯」にも似た感じはありますが、あちらは具材が乗っているのがデフォルト、ベトナムでは、土鍋で炊かれたシンプルなお米と別皿おかずが基本です。

ゆっくり家族や友達でテーブルを囲む感じのときは、コムニュウ屋さんを利用するっぽいですね。

おかずをいろいろ頼んで、分け合いながら食べているのをよく見かけました。

ブンタウのコムニュウ屋さん

バックビーチ沿いではあまりみかけませんでしたが、ブンタウ中心部、Le Hong Phong通りやNguyen An Ninh通り付近をぶらぶらすると、そこかしこに「com nieu」の看板を掲げたレストランを発見!

試しにgoogle mapで「com nieu」と検索してみると、レストランがうじゃうじゃあがってきましたね(笑)

ホーチミンではそんなに見かけなかったので、ブンタウでは多いんでしょうか?

しかもブンタウでは、土鍋ごはん7,000ドン~、野菜2万ドン~、肉や魚3万ドン~と、コムニュウ屋さんでもかなりリーズナブル!

手間のかかったおいしい土鍋ごはん、35円ですよ・・・驚愕です。

そして、コムニュウ屋さんの魅力は土鍋ごはんだけにあらず、味付け濃いめのごはんに合うおいしいおかずが勢ぞろいなのも、もう一つの魅力!

ブンタウは海の街なので、魚の煮込み系も多いですよ。

訪れたコムニュウ屋さん「CƠM NIÊU RAU TẬP TÀNG 2」

ブンタウではLe Hong Phong通りにある、こちらのお店を訪れました。

◆営業時間:24時間 ※ホントかな(笑)

バックビーチからも歩けなくはない距離。ロッテマートから15分くらいかな。

子供がブゥブゥ文句言いだす距離感です。

夕ご飯にはちょっと早めの17時過ぎ頃に店内に入ったときには、他にお客さんもおらず、店員5人ぐらいがテレビを見ている、というベトナムあるある光景・・・

テーブル席が10個以上あったので、結構大バコ。

そんなに高級感はないけど、大衆食堂よりはこぎれいで全然問題なし!

店員さんに英語は通じず、グーグル翻訳でやりとり。ありがたい時代ですね~。

テレビにくぎ付けだった若者店員さんは、一生懸命説明してくれようとして意外に好青年でした。

どうにか英語メニューをもらって解読しようとするも、英語表記は具材名が簡単にかいてあるぐらいなので、どんな調理法かまったくわかりません(笑)

ここは無難に、豚肉チョイス。豚肉は「Thit(ティット)」ですね。

土鍋煮込みの魚料理も食べてみたかったので、魚名の英語表記から種類を解読しようと試みる・・・

ただ、グーグルで種類と画像がわかっても、見たこともない魚で、結局味の想像つかず(笑)

とりあえず、一度は食べておかないと、と思っていたベトナム名物「雷魚」=「ca loc(カーロック)」を注文。

注文した瞬間、なぜか店員さん全員が👍サインをしてくれました。

淡水魚なんでね、やっぱり気になるのが泥臭さなんですけど、ネットで調べたところ、「思ったよりおいしい!」との意見が多かったので、信用してトライ。

はい、揃いました~。

土鍋ごはん(7,000ドン)、お米の粒は小さめでつやっつや

東南アジアのご飯ってものによっては臭かったりするんだけど、やっぱり「コムニュウ」を売りにしているだけあって、お米自体がおいしい。

これと塩だけでもどんどん食べられます。

底のパリっとしたおこげも最高!

レモングラスを入れて炊き込んでいるみたいですね。ただ、特にレモングラスの香りはうつっていませんでした。

豚肉煮込み/ Thit Kho (37,000ドン)、肉質は硬めの素朴な角煮。甘めな味付けにごはんが進む!

味のしみ込んだ卵もおいしいです。

野菜もとっとかないと!と適当に頼んだ茹で野菜(17,000ドン)。

ちょっと粘りがあったので、イモの茎っぽいですね。

満を持して登場。雷魚の煮込み/Ca Loc Kho(35,000ドン)。

グツグツアツアツでおいしそう。

豚の脂身が下にひかれていて、味付けはこちらも甘辛濃いめでちょっとだけピリ辛。

一口パクリ。プルっとした皮部分とほろっとした身。

・・・残念ながら、かすかに泥臭さが残りますね。

雷魚はもう頼むことはないかな~、やっぱり海の魚が無難(笑)

このソースでサバとか煮込んだらおいしそうなのにね。

お会計は、おしぼり代とハイネケン1本を加えて、約12万ドン(600円)と激安。

おかずの具自体は特別おいしいわけでもないけど、煮込み料理のお汁をご飯にかけて食べると最高ですね。

やっぱりお米自体がおいしいと、食事の満足度が間違いなく上がる!

他にもブンタウに数あるコムニュウ屋さんに行ってみたかったんですが、時間切れ・・・

特にこちらのお店「Cơm Niêu Đất Việt」は、たまたま前を通りかかったらかなり込み合っていて、評判も良いみたいなので、次回は絶対行ってみたい!

まとめ

日本のお米ってやっぱりおいしいですよね。

海外で食べるお米には独特のニオイがあって、おかずはおいしいものの、お米が残念な場合がよくあります。

数日なら我慢できても、毎食そんなお米だとニオイが鼻についてきて、お米を避けるように・・・

「あ~、とにかくおいしいお米食べたいな~」

と思ったときは、ぜひコムニュウ屋さんに足を運んでみてください。

しっかりと炊かれたお米のおいしさに、日本人ならホッとすること間違いなし。

一人なら土鍋ごはん&1品&スープぐらい、複数人でいけばいろいろなおかずを楽しめますよ。

我が家の息子は、日本から持ち込んだフリカケで、このおいしい土鍋ごはんを食べるのが大のお気に入りです。安上がり男子。

ただただお米好きな人、おかずと一緒においしいお米をかっ込みたい人は、マストトライ。

ホーチミンではちょっと割高なコムニュウ、ブンタウでは庶民価格でいただけるので、海鮮料理に飽きた時には超おすすめです!

【ブンタウに行きたくなったら!】

トリップアドバイザーでブンタウのホテルを捜してみる

【旅の強い味方】

プライオリティパスと海外旅行傷害保険が自動付帯

年に2回以上海外行く人なら持っていて損はないカード

楽天プレミアムカードを申し込む

実際にわたしがこのカードに決めた納得の理由↓

海外旅行者におすすめの本当に使えるクレジットカードは2枚|その①楽天プレミアムカード
こんにちは、子連れ旅好きちはりんです。 海外旅行をする際に使えるクレジットカードとして、わたしが実際に持っているカードは2枚。 ...

コメント