【マレーシア移住】親子留学でペナン生活しているわたしの一日の過ごし方

ペナン移住生活

こんにちは、ペナンに親子留学中のちはりんです。

さて、ペナンに移住してアッという間に半年が経っていました。

ようやく毎日の生活にリズムがついてきて、なかなか充実した日々を送れているのではないかな、と自己満足にひたっています。

というわけで、マレーシアに移住したわたしのとある一日をご紹介します

・・・あんま興味ない?

そんな声はスルーして、張り切ってすすめます。



とある一日

子供のお弁当作りのため、朝6時50分起床。

今住んでいるコンドは東向きなので、7時頃になると毎朝泣けるくらい美しい日の出が拝めます。

この時点で

「ぼかぁ幸せだなー」

と心の中で3回つぶやいてます。

で、お弁当作りにとりかかりまして・・・

子供が通っているインターナショナルスクールでは、キャンティーン(食堂)でいろいろ売っているので、作らなくても別にいいんですけどね。

最近あらためて日本のコメの旨さに目覚めたのか

「日本米うめぇ!コメモリモリの弁当作って!」

と連呼するので、仕方なく週3~4回のペースで作ってます。

まぁ、ヒマだし(*´ω`*)

いつも持たせるのは、カットフルーツとおかずとおにぎり。

米を炊き忘れたときはサンドイッチ。

南国マレーシアではフルーツが安くて豊富なので、3種類ぐらい盛り合わせで。

フルーツ好きのわたしは毎日幸せをかみしめています。

東南アジア圏の中でも、パパイヤの旨さがピカイチ!

お弁当を作りつつ、7時すぎに子供を起こし、8時に家を出させます。

デング熱予防の虫よけスプレーをこれでもかと散布して、「いってらっっしゃーぃ!」

学校まで送迎してくれるドライバーがコンドまできてくれるので楽チンです(=゚ω゚)ノ

子供が出かけたら今度は

「おいしくな~れ、おいしくな~れ」

とコーヒー豆に声をかけながらお湯を注いで、至極の一杯が完成。

ベランダでしばしコーヒータイムを堪能します。

ちなみに、コーヒー豆にお湯を注ぐヤツ(ノズルが細くて長いやつ)はLAZADAで1,000円くらいで買いました!

これがあればエセ藤岡弘になれるよ。

その後は軽いエクササイズを、週3~4回のペースでこなします。

コンド周りを30分ほどジョギングしたり、

丘の上の市場まで買い物がてらウォーキングしたり、

ジムで筋トレしたり、

プールでマジ泳ぎしてみたり、

部屋でYou tubeを見ながらヨガってみたり、

激しくズンバってみたり。

飽き性なので毎日思いついたエクササイズを、緩い感じで続けてます。

嬉しいことに、3分腹筋を日課にしているおかげで最近、ハラが割れてきました!

継続はチカラなり( `ー´)ノ

この後、シャワーを浴びて、植物に声をかけながら水やりタイム。

いやぁ、植物ってほんといいですねぇ。

しらないうちに芽がでてたり、枯れてたり(爆)する。

パパイヤの種をまいたらかわいい芽がでてきまして、これ、ペナンにいる間に実がなったりするかな♪とワクワクしてます。

一方、多肉植物と相性がわるいのか、今のところ上の写真のヤツラほぼ全滅!

軽く掃除をし終えた10時頃から在宅ワークに取り掛かる感じです。

オンライン完結の業務で、週3~4日、好きな日程、時間帯でシフトを入れるスタイル。

オンライン完結の仕事に興味ある人は、下記の有名どころで無料登録して案件探すといいですよ。

クラウドワークス

ママワークス

クラウドテック※単価の高いエンジニア、デザイナー向け

マレーシア現地就職案件を探しているなら要チェック(英語不要案件もあり)↓

海外への転職はJAC Recruitment 

白目むきながら睡魔と戦いつつ、夕方17時頃になると子供が学校から戻ってくるので、そのぐらいで在宅ワークを切り上げ、あとはリラックスターイム。

ビールでもプシューとあけて・・・

といきたいところですが、子供には塾など行かせていないので(マレーシアに移住している日本人子女の多くは、英語の塾に通わすか家庭教師をつけていることが多い)、最近はこのわたくしが!かつて神童と呼ばれたこのわたくしが(記憶障害)、勉強を教えているのであります。

まぁ、「何を」「どれぐらいの量」「何分ぐらいかけて」するかという計画の立て方と、ネットで見つけた英語問題のプリントアウト、単語テストを作ってるぐらいですけどね。

算数に関しては、マレーシアのインターで教えている算数レベルが恐ろしいぐらい低いので、日本から持ってきた中学受験対策用のちょっとトリッキーなレベルのものを子供と一緒に解いてます。

解けない問題があると、むしろわたしの方がむきになって取り組んでいるぐらいです。

トータルすると子供の勉強時間は一日2時間ぐらい(英語・算数・DMM英会話含む)。

小学校5年生だったらそんなもんだな、むしろ甘いぐらいだよ(∩´∀`)∩

とスパルタのわたしは自分の小五時代を思い出して子供に言うのですが、子供、すでにマレーシア人気質が身についているのか、目を離すと、

ほぼ寝てます(;´Д`)

夕食は、最近では自炊が多くなってきました。

やっぱりマレーシアの外食は油が多いのでね、毎日はきっつい。

まぁ、自炊っていっても、ヘビロテでソーメンが登場します。

めんどくさいときは近くのホーカーやレストランで食べることもあります。

外食といっても安いので、ホーカーなら二人でドリンクいれて500円もあればOK。

レストランでもアルコールを飲まなければ、1000~2000円ぐらいにおさまります。

飲むと跳ねあがりますがね・・・

食後はやっとこさリラックスタイム!

PCをTVにつなげながら、無料のVPN接続でアマゾンプライムの動画やTverで日本の番組を楽しんだり、SwitchやPS4で冒険に旅立ったりしています。

ゼルダ、最高ー(=゚ω゚)ノ

LAZADAで、なんかいいもんないかな~と物色するのも日課に。

それから、子供に「英語勉強しろ!」といいまくっている手前、自分自身の英語力も高めないと・・・とオンライン教材やYoutube動画を使って空き時間にインプットもしています。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

その後、お風呂に入ってだいたい12時頃就寝。

窓からは対岸の夜景がキラキラ光っていて、一日の終わりに

「ぼかぁしあわせだな~」

と再び加山雄三に戻りつつ眠りにつくのです。

まとめ

というわけで、マレーシアの日常を切り取ってみました。

こう見ると、まぁまぁちゃんと生活してました、わたし。

とはいえ、特にしないといけないこともないので、ゆる~い毎日を過ごしています。

わたしの場合は在宅ワークでヒマつぶししてますが、他の知り合いは、アクセサリー作りにいそしんだり、ローカル市場めぐりをしたり、語学教室に通ったり、とそれぞれ楽しんでいるみたいですね。

まぁ、かなりの割合で「昼寝は日課」って言ってましたけど!

一番幸せなのは、好きな時間に気兼ねなく、コンドで海を眺めながらビールを楽しめることかな。

日本にいるときに感じた昼ビールへの背徳感は皆無!

ストレスが驚くほどなくなったので、今のところ、快適なマレーシア移住生活が送れています♪

マレーシア移住生活の参考になればうれしいです。

 

AIC Kid's

【海外での生活・就職を考えている方にとりあえずの登録をおすすめするサイト】

マレーシア現地就職案件が豊富、英語不要案件もあるので要チェック↓

海外への転職はJAC Recruitment 

海外勤務経験あり、英語無問題の方におすすめ↓

Beyond Border|海外経験者・留学経験者専門の転職サービス 新規カウンセリング申込み

【海外旅行、海外生活で便利なおすすめカード情報はコチラ】

【目的別】海外旅行におすすめ!持っておきたいクレジットカードまとめ

コメント